銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

国家戦略特区とは

第2次安倍内閣が経済政策「アベノミクス」の成長戦略の柱のひとつとして掲げた、特定の地域に限って従来の規制を大幅に緩めた経済特区のこと。「国家戦略特別区域」の略称で、一般的には略称を用います。産業の国際競争力強化や国際的な経済活動拠点の形成に関する施策の総合的かつ集中的な推進を図るため、いわゆる岩盤規制全般について突破口を開いていくものと位置付けられています。

2014年5月1日に東京圏、関西圏など6つの地域が初めて指定され、15年に秋田県仙北市など3地域、16年に広島県・愛媛県今治市など3地域が追加されています。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

「世界で一番ビジネスがしやすい環境」を創出するため、国が主導して規制緩和や税制優遇を進める特定の地域のこと。第2次安倍政権の経済政策「アベノミクス」第3の矢の成長戦略の一つとして、2014年に最初の特区が指定された。 

医療や雇用、教育、農業などの分野において、国際的な活動拠点の形成を図り、国際競争力を強化することを目指す。国家主導である点が、2002年にできた構造改革特区や2011年に導入された総合特区との違いになっている。 

2017年12月15日現在、新潟市、東京圏(東京都、神奈川県、千葉市、成田市)、関西圏(大阪府、兵庫県、京都府)、養父市、沖縄県、仙北市、仙台市、愛知県、広島県・今治市、福岡市・北九州市が指定区域となっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国家戦略特区とは、世界で最もビジネスがしやすい環境を作り出すため、国が主導して規制を緩和したり税制優遇を進める特定の地域のことをいいます。第二次安倍政権のいわゆる「アベノミクス」の成長戦略の柱のひとつとしてやっていることです。この国家戦略特区は東京圏や関西圏など6つの地域が指定されています。それぞれの地域には、医療・農業・教育など特定のテーマがあり規制改革等の施策を総合的にそして集中的に推進します。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

国家戦略特別区域(以下、「国家戦略特区」という。)は、経済社会の構造改革を重点的に推進することにより、産業の国際競争力を強化するとともに、国際的な経済活動の拠点の形成を促進する観点から、平成25年12月に成立した国家戦略特別区域法(以下、「特区法」という。)に基づいて、国が定めた区域です。

 この区域において、民間が創意工夫を発揮する上での障害となってきているにもかかわらず永年にわたり改革ができないような「岩盤規制」全般について、国家戦略特区の規制改革事業を活用して突破口を開き、民間の能力が十分に発揮できる「世界で一番ビジネスのしやすい環境」を実現し、経済成長につなげていくことを目的としています。

(出典 中野区ホームページ)