銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

固定金利方式・共通担保資金供給オペレーションとは

日銀による公開市場操作の手法の1つで、日本銀行に差し入れられた国債、社債、CPなどの日銀適格担保を裏付けとして、民間金融機関に低利の固定金利で一定期間、資金を貸し出す仕組み。通称「新型オペ」とも呼ばれる。 

金融緩和の強化を図るため、貸付利率を入札で決める従来の金利入札方式に加え、競争入札しない固定金利での貸付方式として2009年12月から導入された。 

貸付の固定金利は原則として誘導目標金利の無担保コールレート(オーバーナイト物)、期間は1年以内と規定されている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

固定金利方式・共通担保資金供給オペレーションとは、通称新型オペとも呼ばれており、日本銀行によって行われる公開市場操作の手法の一つで、日本銀行に差し替えられたら国債や社債、CP(コマーシャルペーパー)、証貸債権などの全ての日銀適格担保を裏付けにして民間の金融機関に低利の固定金利で一定期間、資金を貸し出す仕組みの事を指します。固定金利で資金供給し、民間金融機関に安定した低金利の資金を潤沢する事で、長めの金利を押し下げる効果があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)