銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

固定相場制とは

固定相場制とは、ひとことで言えば為替レートを一定の水準に固定する制度のことです。現在、IMF(国際通貨基金)体制下では、多くの国が変動為替相場制を採用しています。しかし、経済基盤が脆弱な国や金融システムが未成熟な国の場合、為替を変動相場制にしてしまうと、ちょっとした経済変動や投機筋の動きで為替レートがコントロール不能になり、大きな打撃につながる可能性があります。そのため、そうした発展途上の国のなかには、自国経済と通貨の安定のために固定相場制を取っているところがあります。

ひとくちに固定相場制と言っても、その有り様はさまざまですが、最近よく話題になるものはペグ制とバスケット制の二つでしょう。前者は特定の通貨(多くは ドル)と連動する為替制度で、現在の中国元や香港ドルは、まさにこのドル・ペグ制を採用しています。もうひとつのバスケット制とは、複数の通貨(たとえばドルとユーロと円)の平均値と連動する為替制度で、近年アジア地域でかなり真剣に討議されており、将来実現する可能性もあります。これもドル離れ現象の一つと見て良いかも知れません。
ちなみに中国は、2005年7月に、完全なドル・ペグ制からドルを中心にしたバスケット制へ移行しました。

(出典 三菱マテリアルホームページ)

 

為替レートを、ある特定の水準に固定もしくは変動を極小幅に限定する制度。「ペッグ制」とも呼びます。固定相場制は、輸出入とも相場変動がないので、為替の差損益が発生せず安定的に利益を確保できますが、金融政策の裁量が少なく、長期的に見ると適正レートから乖離(かいり)するというデメリットがあります。固定相場制には、自国通貨と米ドルの為替レートを一定割合で保つ「ドルペッグ」や、複数の通貨の平均レートと自国通貨を連動させる「通貨バスケット制」などがあります。
⇔変動相場制、フロート制

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

為替レートを、ある特定の水準に固定する方式のこと。 

自国通貨を米ドルレートに連動させるドルペッグや、複数通貨の平均(相手国との貿易比率で加重平均)レートに連動させる通貨バスケット制(バスケット・ペッグ制)のほか、マネーサプライを外貨準備高に合わせて制限するカレンシーボード制(通貨評議会制・外貨本位制)もその一種である。

(出典 野村證券ホームページ)

 

固定相場制とは、為替レートをある特定の水準に固定・維持する方法のことを指します。固定相場制の中には自国通貨をアメリカドルレートに連動させるドルペック制や複数通貨の平均レートに連動させる通貨バスケット制、外貨準備高に合わせて貨幣供給量を制限するカレンシーボート制などがあります。固定相場制は日本円にもかつて導入されており1ドル=360円で取引されていましたが、固定相場制の維持が難しくなったため、1973年に変動相場制に移行しました。

(出典 東海東京証券ホームページ)