銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

固定費とは

企業が継続して活動していくために、売上高に関係なく、変わらず発生する費用のこと。具体的には減価償却費、支払利息、賃借料、人件費の主要部分等が挙げられる。 

一方、売上高に比例して増えていく費用を変動費という。費用を固定費、変動費に分類することにより、利益を上げるために必要な売上高である損益分岐点売上高を算出することができる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

企業が事業活動をする上で、生産量や売上高の増減とは関係なく発生する一定の費用のこと。
減価償却、公租公課、家賃、支払利息、正社員の人件費(アルバイトやパートタイマーの人件費は変動費に相当)などが相当します。
⇔変動費

(出典 大和証券ホームページ)

 

固定費とは、会社の収益能力や経営方針、売上の良し悪しなどに影響されない、変動しない費用のことである。

なお、固定費は、限界利益から経常利益を引くことで計算できる。

会社の経営に必要とされる費用は、固定費と変動費に分けられるが、固定費は売上の状況に関係なく変わらない経費のことである。

一方で、変動費は売上の大きさに比例して変動する費用のことである。つまり、固定費が小さいほど会社にとっては儲かりやすいことになるのである。

主な固定費には、人件費や経費があるが、具体的には光熱費や広告費、家賃などが含まれている。

会社にとっては固定費を下げることで、利益を設けやすい経営をすることができるのだが、固定費に含まれる人件費を抑える努力をすることで、大きく経営状態を改善することができるのである。

人件費を必要としている人数を再検討したり、会社の儲けに貢献できていない社員を調整するなど、固定費を分析することが重要なポイントとなるのである。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

固定費とは、企業が活動するために必要となる資金のことで、人件費や不動産の賃貸料などがこれにあたります。売上の増減に関係なく必要になる資金のため、企業側で事前に用意しておく必要があります。固定費と異なる変動性のある費用として変動費が挙げられますが、この2つの費用を分類することで、利益を上げるために必要な損益分岐点売上高を算出することが可能になります。固定費が足りなくなると企業の経営にも支障がでるため、ある程度余裕を持って用意しておくことが重要です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

事業を行っていく上での、売上高や販売個数の増減に関係なく、一定に発生する費用のことです。例えば、人件費、不動産賃借料、水道光熱費、通信費、減価償却費、旅費交通費、接待交際費、支払利息などの費用が、固定費に当たります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)