銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

固定比率とは

固定比率とは、会社の固定資産に対する資金調達源の安定性を示す比率である。

固定比率 = 固定資産 ÷ 資本

企業の安全性、つまり財務体質の健全性を評価する要素の1つ。

この比率は、長期間資金が拘束されてしまう固定資産に対する資金の調達が、どの程度安定的な資金源である自己資本によってまかなわれているかを示しており、低いほど固定資産についての資金調達が安定していることになる。

固定比率が100%を大幅に下回っている場合でも、減価償却の進んだ古い設備が多ければ将来的な競争力について不安があるとも予想されるため、注意が必要である。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

固定比率とは、固定資産のうち自己資本で賄われている割合がどれほど含まれているかを表すための指標である。

なお、固定比率は、固定資産を自己資本で割ることで計算できる。

固定比率は、固定資産と自己資本とを比べて分析したものであり、投資資金のうちどれだけが返済義務のない自己資本で賄われているかを見るための指標といえる。

固定比率を見ることで、会社の経営における安全性を分析することができる。

固定資産は、会社が営業を行なって得られる儲けで回収ができるので、借入を使うのではなく自己資本を使うのが理想的である。

安全な経営を行なう企業にとって、固定比率は 100%を超えないのが理想的な経営であると考えることができる。

すなわち、長期資本を上回る固定資産への投資は、決して望ましくない財政状況であるといえる。

固定比率が100%を超えた場合には、固定資産を調達するために、外部からの投資に依存していることを表しているのである。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

固定資産を自己資本で割った比率のことです。
固定資産に投資された資金がどれだけ自己資本によってまかなわれているかを表す比率です。
固定資産は事業から得られる収益で回収がなされていくものであることから、借入ではなく自己資本でまかなわれているのが理想です。お金を返済する必要のない自己資本で固定資産がまかなわれているのであれば、会社の資金繰りも余裕となり経営も安定します。

計算式
固定資産÷自己資本×100

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

固定比率とは貸借対照表から財務の安定性や健全性を見る事が出来る指標の一つを指します。1年以上使用される長期使用資産がどの程度自己資本で賄われているのかを見る事を可能にしており返済義務のない自己資本によって払う事が可能であれば、固定資産が損失した場合に発生するリスクに対して損失をカバーする事が出来る事に繋がります。結果的には比率が低ければその分だけ資本に与える影響力も低くなり、リスク回避にかかる費用から低ければ低いほど会社にとって損にはならない事に繋がります。

(出典 東海東京証券ホームページ)