銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

固定負債とは

貸借対照表の貸方の負債の部のひとつ。支払期限の到来が、1年以上後となる負債。 

社債、長期借入金等の長期金銭債務、退職給付引当金等の長期性引当金、その他繰延税金負債等が該当し、どの負債も、履行時期の到来が1年を超えるものをさす。

(出典 野村證券ホームページ)

 

固定負債とは貸借対照表における貸方の負債の種類のひとつで支払期限の到来が1年以上の負債がこれに分類されます。何故短期負債と長期負債を分けるかと言えばそれは負債を分ける事によって支払いの優先度を定義づける点や長期化する事によって通年で相手側が安定した支払い金額を受け取ることが可能になるような点が貸す相手側に存在し、支払い側としては一度に大量の金額を支払うことによって一度に発生する負担を減らすことが可能になる点がこの固定負債を定義づける意義にあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

固定負債とは、一年以内に支払い義務が発生しない負債のことであり、支出や費用化が必要ないと考えられる社債や長期借入金などが含まれる。

固定負債とは、会社が抱えている負債のうち、借金の返済に期間が時間的に余裕がある負債のことである。返済の期日が 1年以内に到来しない借金のことであるが、これらの負債は、固定負債と流動負債に分けることができる。

固定負債は文字通り固く定まった借金と言う意味であるが、これには銀行などの金融機関から長期的に融資を受けている借入金のことである。

固定負債には、社債などの長期借入金も含まれている。社債とは、会社が経営に必要な資金を調達するために、社債券を発行することである。

こうした長期借入金で資金を調達することにより、会社の財政状況を安定させ、安全な経営を行なうことができるようになる。

固定負債を利用することで、長期的な観点で会社の収益率を高めて、安全な運用をすることが大切である。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

固定負債とは、会社の本業である営業サイクルの中に入らない負債で、かつ決算日から1年以内に現金で支払われる予定のない負債。

支払いが決算日から1年以上経ってから行われる長期借入金、退職給付引当金などは、営業サイクルの中で表れてくる負債ではなく、また決算日から1年以内に支払うことを予定していないため、固定負債に含まれる。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

返済日あるいは支払日が1年を超える負債のことであり、社債、転換社債型新株予約権付社債、長期借入金などが含まれる。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

貸借対照表日の翌日から1年を超えて支払期限が到来する負債のことです。固定負債に含まれるのは、1年を超えて使用される長期借入金、社債、退職給与引当金などの負債性引当金等です。一般的に、土地・建物などの固定資産を購入する資金は、社債や長期借入金などの固定負債によって調達するのが望ましいとされています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)