銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

後場(ごば)とは

後場とは、午後の取引のことをいいます。取引所によって時間帯は若干異なり、例えば東京証券取引所の場合は、12時半から15時が後場となります。
後場に対し、午前の取引のことを前場といいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

金融商品取引所における午後の取引時間のことをさす。東京証券取引所では12時30分から15時00分まで。金融商品取引所によっては異なることがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

午後の取引時間のこと。12時半から15時までのことを言う。前場、小安く始まった株式市場だが、後場に入ってから一段高になった。後場の開始時間を「後場寄り」といい、後場が終了することを「大引け」といいます。後場の終了時間は証券取引所によって若干異なり、東証は15時ですが、名古屋、福岡、札幌は15時半まで取引が行なわれます。なお、PTS(私設取引システム)において、市場外で夜間取引が可能な証券会社もあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

午後の取引時間のこと。午前の取引時間のことは「前場」といい、東京証券取引所の株式取引では午前9時から午前11時半までを「前場」、午後0時半から午後3時までを「後場」といいます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

後場は午後(12:30 ~ 15:00)の取引のこと(東京証券取引所の場合)。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

 後場とは、証券取引所での午後の取引時間のことです。東京証券取引所では12:30から15:00まで、名古屋証券取引所では15:30まで行われています。

 取引所の売買立会は、午前立会(前場)と午後立会(後場)に分かれています。前場、後場の最後の売買のことを「引け」といい、特に後場の引けを「大引け」といいます。

 また、昼休みをはさんで開始される後場の最初の取引を「後場寄り」と呼ぶこともあります。

(出典 楽天証券ホームページ)