銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

小幅往来(こはばおうらい)とは

相場が小幅の動きを繰り返すこと。
「小動き」「小浮動」「一高一低」も同様の意味です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

株価が小さな値幅で上下する状態のこと。手掛かり難によって、株価は小幅往来の様相を呈している。値動きの小さなボックス相場での推移のことです。このような相場は小幅な値動きに翻弄されやすい上に利益が出たとしてもその額は大きくないため、あまり手を出さないほうが無難です。ただ、小さな値動きを繰り返している間に、相場は徐々にエネルギーをため込んでいき、そのボックス圏を上か下のいずれかに離れると、一気に相場が動くことが多くあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相場が小幅の動きを繰り返すことをいう。

(出典 日本商品先物振興協会ホームページ)