銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

個別元本とは

投資信託を購入した投資家(受益者)ごとの計算上の買い値のことをいいます。追加型の投資信託では、投資家の購入日によってこの個別元本は異なります。株式投資信託を換金した場合は、換金時の基準価額(または解約価額)と投資家の個別元本との差額が収益とみなされ課税されます。また、投資信託から収益の分配を受けたときには、受け取った収益分配金の分だけ基準価額が修正されますが、この修正された後の基準価額のことを分配落ち後の基準価額といいます。そして、追加型株式投資信託では、この分配落ち後の基準価額が投資家の個別元本を上回っている場合は、分配金の全額が収益の分配金(普通分配金)として課税され、個別元本を下回っている場合は、下回った部分が元本の払い戻し(特別分配金)として非課税となり、残りの額が普通分配金として課税されます(個別元本方式)。

ワンポイント
2002年4月からは、日々決算型(中期国債ファンド、MMF、MRFなど)以外の追加型公社債投資信託でも個別元本方式が導入されていて、当初元本価額(1万円)以下でも追加設定できるようになっています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

追加型投資信託における各投資家の課税上の購入価額をいいます。実際のファンドの購入の際は、申込手数料や消費税等を負担しますが、個別元本では考慮されません。
なお、個別元本移行時(それ以前は平均信託金方式)の2000年4月1日に既にファンドを保有していた場合には、2000年3月31日の平均信託金(課税の基準として算出された全受益者の平均購入価額とみなされた金額)が、その保有ファンドの個別元本とされました。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

個別元本とは、国内籍の追加型投資信託において、個々の投資家がその投資信託を購入した時の基準価格を指します。個別元本は投資家が投資信託を追加購入すると、受益権口数で加重平均されます。近年人気の分配型投資信託の場合、基準日の基準価格が所有している元本より高ければ普通分配金として分配されますが、下回っている場合に分配金として受け取るのは、その元本から払い戻された元本払戻金(特別分配金)であり、個別元本は減額修正されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

個別元本とは、追加型投資信託のお客様(受益者)ごとの平均買付価額のことです(購入時の手数料および消費税を除く)。個別元本の額は、お客様によって異なります。 
個別元本の額は、最初に投資信託を購入した場合は、その購入価格です。しかし、保有期間中に、元本払戻金(特別分配金)が支払われたり、追加購入をすると、その都度個別元本が修正されます。
なお、換金した場合の損益の額を計算する際の『取得価額』は、個別元本の額に、購入時の手数料および消費税を加えた額となります。

(出典 福島銀行ホームページ)

 

国内籍の公募追加型株式投資信託において、個々の投資家がそれを購入した時の基準価額のこと。投資信託(投信)を換金した時の税金計算の基準にする購入元本として、投信の購入時期による税制上の不公平が発生しないよう、2000年4月から制度導入された。それまでの購入元本は投信保有者全員の平均購入単価にあたる「平均信託金」が採用されていたが、個々人の購入価額を課税上の元本にすると変更されたことから「個別」元本と称する。投信の一部を解約しても個別元本は変わらないが、買い増すと合計購入価額を保有口数で割った値に修正される。分配金として元本払戻金(特別分配金)を受け取るとその分、個別元本は減額修正される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

受益者(投資家)が投資信託を購入した際の基準価額のこと。
購入時の手数料や消費税は含まず、課税上の購入価格です。特別分配金を受け取ったときや、分配金を再投資した場合は個別元本は変わります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

個別元本とは、追加型投資信託の受益者(投資家)ごとの税務上の取得価格のことで、投資信託の取得金額から特別分配金(元本払戻金)を差し引き、保有口数で割った金額である。一般的に、購入当初の個別元本は購入時の基準価額である。しかし、同一銘柄を追加購入した場合や決算により 特別分配金が支払われた場合は、その都度計算し直される。なお、個別元本には、購入時の手数料及び消費税は含まれない。

(出典 みずほ証券ホームページ)

 

お知らせ
お問い合わせ・アクセス
トップ > 投資信託の基礎知識 > 基本用語 >個別元本
投資信託の基礎知識Basic knowledge
個別元本
個別元本は、追加型株式投資信託における受益者毎の取得元本(買付単価のことを指し、販売手数料および当該販売手数料にかかる消費税等相当額は含みません。)のことであり、収益分配金および法人受益者の解約・償還益に対する課税上の基準となります。
個別元本は、販売手数料等の買付に要した費用を含みませんので、一般的には、買付時の基準価額が個別元本となります。基準価額は日々変動しますので、買付日が異なれば、個別元本も異なります。
同じ受益者でも、複数回にわたって買付した場合には、個別元本は買付時基準価額と買付口数に基づいて移動平均で計算されるため、買付の度に個別元本も変動していきます。
また、決算時に元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合にも、個別元本は元本払戻金(特別分配金)の分だけ引き下げられます。
受益者が受取る収益分配金が普通分配金(課税)となるか、元本払戻金(特別分配金)(非課税)となるかは、受益者それぞれの個別元本を基準に計算しますので、収益分配金に対する課税金額は受益者毎に異なります。
個別元本方式は、追加型株式投資信託について、平成12年4月1日から平均信託金方式に代わって導入されました。なお、平成12年3月31日までに買付・保有されている追加型株式投資信託については、平成12年3月31日時点の平均信託金がそれぞれの受益者の個別元本として適用されます。

(出典 農林中金全共連アセットマネジメントホームページ)

 

国内籍の追加型投資信託において、個々の投資家がそれを購入した時の基準価額のことをいいます。

なお、受益者が同一の投資信託の受益証券を複数回購入した場合や受益者が特別分配金を受け取った場合などには、個別元本が修正されます。 

税金の計算を、受益者ごとの購入元本(個別元本)をもとに行う方式のことを個別元本方式といい、現在公募追加型投資信託では、MMFなどの日々決算型やETFなどを除いて個別元本方式がとられています。(単位型投資信託も個別元本方式はとられていません。)

(出典 野村アセットマネジメントホームページ)

 

個別元本とは、投資信託の購入価額です。購入時の手数料および消費税は個別元本には含まれません。
個別元本の計算式は次のとおりです。
 
個別元本=(購入価額(手数料除く)-元本払戻金)÷(保有数量÷10,000)
 
※投資信託の一部を解約しても個別元本は変わりません。
※元本払戻金(特別分配金)が発生した場合、個別元本から元本払戻金分が減額されるため、個別元本は修正されます。
 
同じ投資信託を複数回に分けて追加購入(買増)した場合、個別元本は、合計購入価額を保有数量で割った値に修正されます。
 
追加購入後の個別元本=(追加購入前の投資総額(※)+追加購入にかかった投資額)÷追加購入後に保有している受益権数量

※追加購入前の投資総額=追加購入前の個別元本×追加購入前の受益権数量

(出典 松井証券ホームページ)

 

■ 「個別元本」ってなに?

 自分の持っている投資信託が、今どれくらいの利益があるのかを知るとき、買ったときの値段がいくらかわかると便利です。ただ、追加型投資信託の場合、何度でも買うことができるため、何回か買ってくるとわからなくなってきます。こんなときに「個別元本」が便利です。

 「個別元本」とは、投資信託を買ったときの値段のことです。ただ、買ったときに支払った販売手数料などは含まれていません。同じ投資信託を複数回に分けて買った場合は、そのときの受益権口数で加重平均されます。

●追加購入の場合はどうなるの?

個別元本 =
(追加購入前の投資総額 + 追加購入にかかった投資額)÷ 追加購入後に保有している受益権口数

※追加購入前の投資総額 = 追加購入前の個別元本 × 追加購入前の受益権口数

 例えば、ある投資信託を基準価額10,000円で買ったとします。その後更に同じ口数買い増したところその時の基準価額は12,000円に上がっていた場合、「個別元本」は、この平均となり11,000円になります。

 また、特別分配金を受け取ったときや、分配金を再投資した場合も、この「個別元本」は変わります。わざわざ計算するのが面倒という人は、銀行や証券会社など販売会社に問い合わせましょう。また、投資信託を持っていると、定期的に取引残高報告書が送られてきます。このなかでも確認することはできます。

 また、分配金や解約したときの税金の計算は、この「個別元本」に基づいて行われます。この課税方法のことを「個別元本方式」といいます。

「個別元本方式」とは、「税法上の元本」をそれぞれ個別に計算する方式です。解約や分配金の場合、解約日もしくは決算日の基準価額と「個別元本」との差額を計算し、その部分に課税します。

 解約時はその約定日の基準価額(信託財産留保額がかかる場合はそれを差し引いた基準価額)が、分配金が出るときは決算日の基準価額が、みなさんの「個別元本」を上回る場合、上回った金額に対して税金がかかります。そのため、みなさんが解約したり分配金を受取るときの手取り金額は人によって異なります。

(出典 モーニングスターホームページ)

 

追加型株式投資信託について、受益者ごとの購入時の取得価額(購入時手数料および購入時手数料に係る消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
受益者が同一ファンドを複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、個別元本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。

(出典 三井住友トラスト・アセットマネジメントホームページ)

 

投資信託を購入したときの値段のことです。
ただし、同じ投資信託を複数回購入した場合は、受益権口数で加重平均された値段となります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

追加型株式投資信託の取得価額のこと。税額計算の基礎となります。

(出典 楽天証券ホームページ)