銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

コンドラチェフサイクル(Kondratieff Wave)とは

英語表記はKondratieff Wave。景気循環の一つの形態を表したもの。 

景気循環が50年前後ごとに訪れるケースで、技術革新の周期と合わせることができる。長期循環とも呼ばれることがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

技術革新の周期と合わせ、景気循環が50年前後ごとに訪れるという考え方です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

景気循環(サイクル)に関する学説のひとつで、景気が約50年周期で循環するという考え方。
ロシアの経済学者コンドラチェフ氏が提唱したもので、「長期波動」「大循環」とも呼ばれます。景気はこれまで、画期的なイノベーション(技術革新)をけん引役として拡大し、やがて縮小局面へと大きく循環してきたという考え方です。このほかの景気循環では、在庫の増加・減少に起因する約40カ月周期の「キチンの波(短期波動)」や、設備投資が引き起こす約10年周期の「ジュグラーの波(中期波動)」、建物の建て替えが要因となる約20年周期の「クズネッツの波」が知られています。

産業革命から現在まで4~5つの波があったといわれています。最初のけん引役が「蒸気機関、紡績」、次が「鉄鋼、鉄道」、第3波が「化学、電気、自動車」、第4波が「エレクトロニクス、原子力、航空宇宙」で、第5波を「コンピューターを基盤としたデジタル技術、バイオテクノロジー」で、それが現在終わりに差し掛かっているといった見方や、現在も第4波が続いていて、これから「ライフサイエンス、人工知能、ロボット」がけん引する第5波が来るといった見方があります。研究者の間では今後の波を起こすイノベーションは、「環境」「食料」「エネルギー」「高齢化」などがキーワードになるといわれています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

コンドラチェフサイクル(Kondratieff Wave)とは、景気循環のひとつの形態を表したものです。旧ソ連の経済学者であるコンドラチェフが提唱しており、景気循環が50年毎に訪れるとされるもので、技術革新が起こるサイクルと合わせることが出来るとされています。技術革新とは産業革命や鉄道の建設、電子機器の発達、自動車の発達などが該当します。その他の景気循環の波と比べると比較的、長期間に及ぶ事から大循環、長期循環、コンドラチェフの波とも呼ばれています。

(出典 東海東京証券ホームページ)