銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

コンプライアンス(compliance)とは

「コンプライアンス」という用語は、英語の “Compliance” から来ています。“Compliance” は、〔命令や要求に〕従うこと、〔規則等の〕順守、準拠、従順、整合性などを意味します。

このようにコンプライアンスは、もともと「何かに従うこと」であって、これだけでは実質的な意味を持っていません。そのために重要なのはその実質的な中身を正しく認識することなのです。 

まず、コンプライアンスを「法令遵守」とする考え方があります。従うべき対象を「法令」と捉えるわけです。しかし、このように理解すると、「法律を守ることがすべて」、「法律さえを守れば何をやってもよい」、ひいては「法律の隙間を探すことがビジネスだ」という誤った考え方につながります。また、企業が法や規制を守ることはある意味当然であり、あえて企業がコンプライアンスという用語を使ってこれを推進する意味がありません。

現在、わが国企業に強く求められていることは、法令を守ることだけでなく、顧客や社会からの信頼に応えて誠実に業務を行うことです。言い換えれば、単に法令遵守を越えて、高い水準の企業理念や厳しい倫理規範を役職員が日々実践することなのです。

このように見てくると、コンプライアンスを法令遵守と狭く捉えるのではなく、「社会からの期待・信頼を踏まえつつ、企業の経営理念や企業倫理を定着させ、実践させる諸活動」と理解する必要があります。

(出典 コンプライアンス推進機構ホームページ)

 

コンプライアンス(Compliance)とは、企業に求められるコーポレートガバナンス(企業統治)の基本原理のひとつで、法令遵守と訳されます。企業が法令や内規などの基本的なルールに従って活動することを指します。近年、産地偽装や所得隠しなど、法令違反により企業の信頼が失墜したり、事業が存続できなくなる事例が多発しました。そこで、企業も社会の構成員の一員として、刑法、商法をはじめ各種法令を守って活動し、それを従業員にも徹底させることが強く求められています。特に大企業については、そのための内部統制システムを構築する義務が課されています。

ワンポイント
株式投資の銘柄選択に際しても、コンプライアンスはCSR(企業の社会的責任)とともに非常に重視される要素となっています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

法令や社会規範などのルールを守り、公正、公平に業務を遂行すること。
英語の「compliance」のことで、直訳すると「法令順守」になります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

コンプライアンスは日本語訳では、「法令遵守」、「企業倫理」といった意味で用いられます。
企業が実際に企業活動や経営を行う上で、法令や各種規則を遵守することや、広義の倫理的なこと、道義的なことなどの社会的規範を遵守することを言います。

コンプライアンスの重要性が挙げられるようになったことについては、法律違反や反社会的行為により、企業としての信頼が失われ、企業として継続していくことが不可能になる企業が続発したことが背景となっています。

企業内での実際のコンプライアンスの取り組みというのは、コンプライアンス室や委員会を設置して、その組織が主体となって社内での研修および説明会の開催を実施するといった、実際の企業運営の監査活動を行います。

(出典 岡三オンライン証券ホームページ)

 

法律や規則、社会規範などの法令遵守に背くことなく、企業活動を行うことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

金融機関をはじめとする企業等の組織体が活動を行う際に、法令や各自が定めた自主行動基準等を遵守すること。コンプライアンスを実践していくために構築する内部管理態勢をコンプライアンス態勢という。
金融庁は、「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」を公表し、証券取引等監視委員会は、「金融商品取引業者等検査マニュアル」を公表し、金融商品取引業者にコンプライアンス態勢の構築を促している。

(出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順))

 

「法令・諸規則を遵守し、社会的規範にもとることのない誠実かつ公正な企業活動を実践すること

(出典 みずほフィナンシャルグループホームページ)

 

法令、ルールはもとより社会規範を遵守すること

(出典 りそなホールディングスホームページ)

 

「コンプライアンス」とは、一般的には「法令等の遵守」と定義付けられています。近年では、遵守する対象は単に法令だけでなく、
 ①法律、法令
 ②官公庁等から発せられた規則、通達等
 ③倫理や道徳を含む社会規範
 ④企業内の内部規程 とされています

(出典 宮崎県信用保証協会ホームページ)

 

コンプライアンス(compliance)とは、企業に求められる企業統治の基本の一つで、狭義には法令順守を意味し、広義には法規範遵守はもとより、社会の良識を踏まえた企業の行動規範の順守を意味します。近年では産地偽造や所得の隠蔽などにより、企業の信頼が著しく低下したり、事業存続が出来なくなる事態が発生しました。そこで企業も法令順守を徹底し、従業員にもその意識を浸透させる取り組みが強く求められるようになっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)