銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

財形貯蓄とは

財形貯蓄とは、勤労者(事業主に雇用されている人)を対象に、その財産形成を推進するために設けられた貯蓄制度のこと。「給与からの天引き」で行う積立型の貯蓄であることが特徴だ。財形貯蓄には、次の3種類がある。

【財形貯蓄の種類】
■一般財形貯蓄
貯蓄の目的を問わず、貯蓄したお金は結婚や教育費、車の購入、旅行などさまざまな用途に利用できる
■財形住宅貯蓄
住宅購入や新築などの頭金や購入諸費用に充てるための貯蓄
■財形年金貯蓄
積み立てた貯蓄を60歳以降に年金方式で受け取る貯蓄

このうち財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、貯蓄残高550万円まで利子課税が非課税となる(ただし、定められた目的以外で払い出す場合には課税される)。また、財形貯蓄を1年以上行い、貯蓄残高が50万円以上ある等の条件を満たせば、財形住宅融資が利用できる(一般財形貯蓄や財形年金貯蓄などでも利用できる)。

(出典 SUUMOホームページ)

 

勤労者財産形成貯蓄の略称。会社員が給料天引きで積み立てる貯蓄のこと。勤務先の会社が金融機関と提携し、財形貯蓄の払い込みを代行する。
財形貯蓄の種類は、一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3種類がある。それぞれによって、税制面で違いがあり、一般財形貯蓄は、利子は配当に対して20%の源泉分離課税。財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄は元利合計550万円まで非課税(郵便貯金や保険料は385万円)。

(出典 野村不動産アーバンネットホームページ)

 

財形貯蓄とは、会社員が給料天引きで積み立てる貯蓄のことです。
勤労者財産形成促進法に基づいて設けられた「勤労者財産形成貯蓄」の略称です。もちろん、派遣社員やアルバイト、パートなども一定の要件を満たせば加入できます。
財形貯蓄には、一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3種類があります。この種類により税制面の違いがあり、一般財形貯蓄は利子や配当に対して20パーセントの源泉分離課税ですが、財形年金と財形住宅は元利合計550万円まで非課税(郵便貯金や保険料は385万円)扱いです。

(出典 LIFULL HOME'Sホームページ)

 

財形貯蓄とは、会社等で毎月の給料から天引きして貯蓄をすることが出来る方法です。元々は、勤労者財産形成促進法という法律に基づいて創設された貯蓄の制度です。貯蓄の種類としては一般財形、財形住宅、財形年金の3種類に分かれており財形年金と住宅に関しては一定金額の融資を利用する事も出来ます。働く若い世代や家族を持つ世代の方が多く利用されている貯蓄制度です。住宅購入等を視野に入れている方も多く利用しています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

勤労者財産形成促進法に基づいて創設された勤労者財産形成促進制度の一つで、一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3種類がある。財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄についてはそれぞれ老後資金、住宅建設・購入目的での払い出しに限り、あわせて元利合計550万円まで利子等への税金20.315%(所得税・復興特別所得税15.315%、住民税5%)が非課税となる。また、どの種類であっても財形貯蓄を行っている場合、一定の条件の下、財形持家融資制度を利用することができる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

勤労者財産形成貯蓄制度。勤労者の資産作りを援助するのが目的として作られた制度です。勤労者が給与の一部を原則として長期預貯金、貸付信託、有価証券などに振り向けるよう税制面の優遇策で誘導しようというものをいいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

勤労者が財形貯蓄取扱機関と契約を締結し、事業主が勤労者に代わって賃金から天引き預金する方法により貯蓄を行なう制度。事業主が天引き預金するためには労使の合意が必要である。勤労者財産形成促進法に基づいて運用されている。

財形貯蓄は、次の3つの種類に分かれている。

ア 財形住宅貯蓄
持家取得を目的として行なう貯蓄で、55歳未満の勤労者が5年以上の期間にわたって定期的に賃金からの天引きで積み立てるもの。
イ 財形年金貯蓄
年金として支払いを受けることを目的とした貯蓄で、55歳未満の勤労者が5年以上の期間にわたって定期的に賃金からの天引きで積み立てるもの。年金は、60歳以降の契約所定の時期から5年以上の期間にわたって支払われる。
ウ 一般財形貯蓄
勤労者が3年以上の期間にわたって定期的に賃金からの天引きで積み立てる貯蓄。契約時の年齢制限がなく、貯蓄の使途は自由である。

財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄については、両方を合わせて元利合計550万円(財形年金貯蓄のうち、郵便貯金、生命保険の保険料等に係るものにあっては払込ベースで385万円)から生ずる利子等が非課税とされている。

(出典 アットホームホームページ)

 

勤労者(事業主に雇用される方)が豊かで安定した生活を送るための資産形成を事業主や国が支援する制度。

解説
財形貯蓄制度は、事業主の協力を得て、給与などから天引きで行われます。「一般財形貯蓄」「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」の3.つがあり、財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄は、両方あわせて元利合計で550万円まで利子などに税金がかかりません。財形貯蓄を行っている方は、「財形持家融資」を利用することもできます。

(出典 日本証券業協会ホームページ)