銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

債券とは

債券とは、国や地方公共団体、企業などが資金調達のために発行するものです。
一般的に債券を購入すると、利払日に利息が支払われ、償還日に額面金額が払い戻されます。一方、債券はいつでも売買できますが、時価は変動するため、額面金額よりも高くなることもあれば、低くなることもあります。つまり、償還日まで保有していれば安全性が高い一方、償還日前に売却すると元本割れのリスクがあります。
また、発行体の経営悪化や破綻によって、利息の支払いが滞ったり、投資元本を割り込むこともあるため、発行体の安全性を格付などで確認することが大切です。

 

ワンポイント
企業が資金を調達する方法には、債券(社債)だけでなく株式を発行する方法もあります。
企業側から見ると、社債は返さなければいけないお金ですが、株式は返す期限が特別に定まっていないお金です。
投資家からすると、どちらもお金を支払うという点では同じですが、社債は「貸したお金プラス金利」が返ってくるのに対し、株式は返ってくるお金は決まっていませんが、企業の業績が良ければ配当金が受け取れますし、値上がりしていれば支払った以上のお金を手にできる可能性があります。
また、最新の値段は、株式の場合、インターネットなどで比較的簡単に確認できますが、社債の場合、原則は証券会社で確認することになります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

国や地方公共団体、民間企業などが資金調達のために発行する有価証券の一種。発行時の元金額である額面金額、表面利率(クーポンレート)や利払日などの条件があらかじめ決められている。原則として、利払日ごとに利息(クーポン)が支払われ、償還期限(満期日)前には市場価格で売買することができ、償還期限まで保有すれば額面金額を受け取れる。 

発行主体により分類すると、公共債(国が発行する国債、地方公共団体が発行する地方債、政府関係機関が発行する政府保証債など)、民間債(金融機関が発行する金融債、一般事業会社が発行する事業債など)、外国債(外国政府や外国企業が発行)などがある。 

また、利払い方法により分類すると、定期的に利息が支払われる利付債、利息が支払われない代わりに額面より低い価格で発行される割引債などに分けられる。利付債には、発行時に決められた利率が償還日まで変わらない固定利付債と市場金利の実勢によって利率が変動する変動利付債がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国や地方公共団体、企業など(「発行体」という)が、資金調達の際に元本の返済や利子の支払いなどの条件を明確にするために発行する有価証券のこと。金融緩和観測を受けて債券市場は活況を呈し、債券相場が堅調に推移するとともに長期金利が低下した。債券は原則として、額面価格と利率が確定しており、償還まで保有すると定期的に利子が受け取れるとともに、償還時には額面価格で計算された元本が戻ってきます。ただ、償還まで保有する必要はなく、償還日前でも債券市場で売却することができます。債券市場で売買する際は、市場で取引されている債券価格が適用されますが、これは長期金利が上昇すると値下がりする一方、長期金利が低下すると値上がりします。したがって、金融緩和観測が浮上すると、一般的に債券は買われ、長期金利は低下傾向をたどります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

債券とは、国、都道府県や市区町村、一般企業などが、必要な資金を借り入れるために発行する有価証券です。債券は一般的に、償還期限(満期)までの期間、あらかじめ設定された利子の支払いと、償還期限には額面金額を全額償還することを発行体が保有者に約束します。ただし、場合によってはデフォルト(債務不履行)を起こすリスクがあります。債券は、市場で売買されたり、投資信託に組み込まれたりします。債券には、日本国が発行する「国債」をはじめ、一般企業による「社債」、海外の発行体が日本市場で発行する「円建て外債(サムライ債)」などがあります。

(出典 新生銀行ホームページ)

 

国・地方公共団体、民間企業などが必要な資金を借り入れるために発行する有価証券。

公共のものには国債、公募地方債など、民間のものでは社債、転換社債(転換社債型新株予約権付社債)、金融債などがある。

債券は購入後一定の利息を受け取り、満期日に額面全額が払い戻されるため、発行から満期まで保有すると元本割れしない。

ただし、途中で売却し時価で換金した場合、元本割れすることがある。債券は株式と同様、発行体が倒産した場合には払い戻されないリスクがある。

この情報は、2015年(平成27年)10月時点の情報です。

(出典 金融広報中央委員会ホームページ)