銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

債券格付とは

債券格付とは、債券自体の信用リスクの度合いを示した格付のことです。
格付は、一般的に債務履行の確実性が高いものからAAA(トリプル・エー)、AA(ダブル・エー)、A(シングル・エー)、BBB(トリプル・ビー)・・・と続きます。一般に格付がBB(ダブル・ビー)以下の債券はジャンク債、ハイ・イールド債などと呼ばれ、相対的にリスクの高い債券と位置付けられています。

ワンポイント
発行体の信用力が基本となるため、通常、同一発行体の同年限の債券格付は同じになります。ただし、同一発行体の債券であっても、元本・利息の支払い順位等によって、異なる格付が付与される場合があります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

格付け会社が国や企業の発行する債券に付与する信用度で、元本および利息(クーポン)の支払いの確実性の度合いを示す。表記は格付け会社によって異なるが、「Aaa」や「BB+」などアルファベットとプラス・マイナスの記号でランク付けされる。米国のムーディーズやスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、日本の格付投資情報センター(R&I)や日本格付研究所(JCR)などが債券格付けを公表している。

(出典 野村證券ホームページ)

 

債券格付とは、企業・国などが発行する債券について、元本および利息(クーポン)の支払いが、償還まで約束通りにされる確実性を示した投資情報です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

債券格付とは、国や自治体、企業などが発行する債券の信用度に対してランク付けを行うことです。これは、その債券の支払いが行われるかの信用力を基準に行われ、ひいてはその発行体そのものの信用度を計る指標ともなります。そのため、債券格付の結果によっては、国の為替相場や債券価格、株価などに影響を与えます。なお、債券格付は、第三者である民間会社が行っており、「AAA」や「BB-」といったようにアルファベットと加減記号で表されるのが一般的です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

債券の格付けとは、「格付機関(※)」が国・企業などが発行する債券の信用力や元利金の支払い能力の確実性などを分析して、その度合いをわかりやすい記号でランクづけしたものです。
格付けは第三者による意見ですが、債券の信用リスクを知る上で重要な指標の一つです。

※格付けを行う「格付機関」としては、ムーディーズ(Moody's)、スタンダード&プアーズ(Standard & Poors)、フィッチ・レーティング(Fitch Ratings)、格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)などがあります。

(出典 岡三証券ホームページ)

 

格付け機関によって債券に付与されるランク付けのことです。債券の元本や利息が予定通り支払われる確率などを格付け機関が評価し、投資家に分かりやすいように等級の形で表示されます。

(出典 セゾン投信ホームページ)