銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

債券単価(さいけんたんか)とは

債券価格とも呼ばれ、債券の価格のことです。通常、債券は1単位あたりに額面100円で発行されます。満期になると額面と同じ100円で償還されるのですが、満期を迎える前に市場で売買取引が行われ、その取引の際には債券を発行している会社の健全性などの影響により、取引される価格は日々変動していくため、購入時の単価は額面の価格とは異なります。債券単価が額面と同じ場合を「パー」と言い、額面を下回る場合は「アンダーパー」、額面を上回る場合を「オーバーパー」と言います。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

債券単価は、新発債か既発債なのかによって価格の決まり方が違います。新発債の場合は、「発行価格」といい、債券の発行元である発行者が決めます。
既に発行された既発債の場合は、市場で売買されますので、世の中の金利の動きによって、債券価格は上下していき、変動していきます。
この債券の価格が、額面と同じである状態を「パー」といいます。額面を下回る場合は「アンダーパー」、額面を上回る場合は「オーバーパー」といいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

債券にも価格がある。通常「額面100円に対していくら」という表示になっている。しかし日々価格は、変動していくので、購入の際の単価は、額面100円と一致しない。 

単価が額面と同じ100円のとき、その債券を”パー” 
単価が100円より超えると、その債券を”オーバーパー” 
単価が100円未満のとき、その債券を”アンダーパー” 

なお欧米では、額面を100%として、それに対するパーセンテージで示すのが一般的である。

(出典 野村證券ホームページ)