銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

サイコロジカルライン(Psychological Line)とは

英語表記はPsychological Line。計算期間の中で、前日比で上昇した日数が何%あるかを計算したテクニカル指標。投資家心理の偏りを数値化し、皆が強気になれば売り、弱気になれば買いのシグナルとする逆バリの指標である。 

分析に用いる日数は投資スタイルによって異なるが、12日間のデータを用いるのが一般的。サイコロジカルラインが75%(12日間で9勝3敗)を超えた場合、相場の過熱感(買われ過ぎ)を示すシグナル、サイコロジカルラインが25%(12日間で3勝9敗)を下回った場合、相場の底入れ(売られ過ぎ)を示すシグナルとして使われている。サイコロジカルとは「心理的な」という意味。投資家心理は株価の上昇が続けば、ますます強気に傾き、逆に株価の下落が続けば弱気に傾きがちである。市場が強気一色になった時、相場はピークを迎え、逆の弱気一色になった時にボトムを付ける傾向を利用している。 

サイコロジカルラインの考え方に上昇幅・下落幅を導入したのがRSIである。

(出典 野村證券ホームページ)

 

「サイコロジカル」とは、「心理的な」という意味です。サイコロジカル・ラインとは、投資家の心理を数値化したものです。例えば、コインの裏表を予想するゲームで10回連続して表が出た場合、本来、コインの表裏はどちらも出る確率は1/2ですが、ゲームのプレーヤー心理では、「10回連続して表が出ているのだから、そろそろ裏が出るのではないか」という心理に傾く可能性が高くなると考えられます。投資家にも同様の心理が働き、連続で上昇した株価は、下落する可能性が高まっていると判断する投資家が増えてくると考えられます。この投資家心理を数値化した指標がサイコロジカル・ラインです。算出方法は、上昇や下落の変動率には関係なく、計算期間(一般的には12営業日)の中で上昇した日が何日あるのかを割合で求めます。一般的に、勝率(上昇率)が25%以下になると割安、75%以上になると割高であるといわれる傾向にあります。

ワンポイント
サイコロジカル・ラインは、テクニカル分析のうち売買のタイミングを計るための指標のひとつです。同じタイプの指標には、一定期間の値上がり銘柄数を値下がり銘柄数で割って算出する「騰落レシオ」や、一定期間の値上がり幅を値上がり幅と値下がり幅の合計で割って算出する「RSI」などあります。

テクニカル分析はそれぞれ一長一短があり、万能なテクニカル分析はありません。できれば複数のテクニカル分析を併用して、判断することをおすすめします。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

投資家の心理を表す指標のひとつ。
「サイコロ」と略す場合が多くなっています。12日間のうち、株価が前日に比べて高い日が何日あったかを調べ、その比率を算出します。仮に高い日が6日あったとすると、サイコロジカルラインは50%になります。この数値が75%(12日間のうち9日以上がプラス)を超えてくると市場が過熱気味、25%(12日間のうち9日以上がマイナス)を下回ってきた場合は底値圏と判断されます。株高や株安がそんなに続くわけがないという投資家の心理を統計的に把握するための指標です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

Psychological(「心理的な」)という名前の通り、投資家心理を数値化した指標です。算出方法は期間内で株価が上昇した日数を期間日数で割り、100を乗じたものをパーセンテージとして用います。一般に75%は上がり過ぎ、25%以下は下がりすぎと判断し、主に逆張りの指標として用いられます。

計算式
サイコロジカル・ライン=12日間の内上昇した日÷12×100(%)

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

サイコロジカルラインは、「投資家の心理」を数値化した指標で、通称“サイコロ”と呼ばれており、RSIやストキャスティクスほど有名ではありませんが、計算式も簡単でわかり易いため、好む投資家もいます。
例えば、赤ボールと青ボールが一つずつ入っているBOXから、ボールを引き上げどちらかを予想するゲームで10回連続して赤が出た場合、次のゲームでどちらにかけたら有利でしょうか?
この場合、確率は常に50%ですからどちらにかけても確率的には変わりません。しかし、ゲームに参加している人の心理を考えると、次のゲームで「もうそろそろ裏が出てもいい頃」という心理に傾く可能性が高くなると思われます。
そして、ボールの赤青を予想するゲームと同じようなことが株式市場で起こったらどうでしょうか?10日連続して上昇したあと、「もうそろそろ下がるだろう」と思う投資家が多くなれば、株式市場では売りが先行したり、買いが続かなくなったりして株価が下落する可能性が高まります。つまり、この投資家の心理を数値化した指標がサイコロジカルラインです。
サイコロジカルラインは主に、相場の強弱の見極めや、買い場、売り場を判断するのに有効的です。

計算式
サイコロジカル・ライン= n日間の内上昇した日 ÷n × 100(%)

パラメータ値
n(パラメータ値)通常12日で設定する場合が多いです。

活用法
サイコロジカルラインは、0%~100%の間で推移しますが、50%は通常で、25%以下は売られ過ぎであり、75%以上では買われ過ぎと判断します。
実際の売買タイミングとしては、75%以上になったらすぐに売り、25%以下になったらすぐに買いではなく、75%以上になって、75%を上から下に抜けたら売りシグナルとし、25%以下になって、25%を下から上に抜けたら買いシグナルとします。

※サイコロジカルラインは大雑把な計算で求められる指標なので、一般的な12日営業日を使って個別銘柄の分析するには精度はあまり高くありません。どちらかというと、日経平均などの株価指数の動きをつかむのに有効です。

(出典 マネックス証券ホームページ)

 

サイコロジカルライン(Psychological Line)というのは、心理的を意味するサイコロジカルから、投資家心理は株価の上昇が続くとますます強気になり、逆に株価の下落が続けば弱気になるという投資家心理の偏りを数値化したものです。市場が一気に強気一色になった時相場はピークを打ち、弱気一色になった時にボトムを打つケースが多いです。このような、みんなが強気になった時に売りが増え、弱気になった時には会のシグナルが出るという逆張りの指標となります。

(出典 東海東京証券ホームページ)