銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

財政再計算とは

厚生年金基金においては、5年ごと(初回は3年後)に、基礎率の見直しを行った上で掛金を再計算すること。代行保険料率の計算も同時に行う必要がある。

確定給付企業年金においては、少なくとも5年ごとに基礎率の見直しを行った上で掛金を再計算することと、給付設計の変更、加入者数の大幅な変動、継続基準への抵触などに伴って掛金を再計算すること。

厚生年金基金の財政再計算報告書は、代議員会の承認を得た上で、基準日の翌日から起算して8ヶ月以内に厚生労働大臣に提出する。

確定給付企業年金の財政再計算報告書については、掛金に係る規約変更を要する場合は、規約変更の認可(承認)申請書または届出書に添付して掛金適用日の前日までに厚生労働大臣に提出する一方、規約変更を要しない場合は、翌事業年度の決算報告書に添付して基準日の属する事業年度の翌事業年度終了後4ヶ月以内に厚生労働大臣に提出する。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

財政再計算とは厚生年金基金や確定給付企業年金における定期的な掛金の再計算のことを指します。厚生年金基金の場合、初めての再計算は3年後、2回目からは5年ごとに行われます。また、確定給付企業年金の場合は少なくとも5年ごとには再計算しなければならないと規定されています。財政再計算を行う時は必ず基礎率の見直しを行われ、これは基礎率が時間と共に変化していく可能性があるためです。こうした再計算の報告書というのは厚生労働大臣に提出されています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

将来必要となる保険料水準の段階的な引上げ計画を再計算すること。平成16年の制度改正前に少なくとも5年ごとに実施されていた。現在は財政再計算の代わりに財政検証が実施されている。

(出典 厚生労働省ホームページ)

 

公的年金制度を維持するために、定期的に保険料収入と年金給付額を再計算し、財政バランスを取る仕組み。 

年金制度は長期にわたる制度であるため、社会経済情勢の変化等で、事前に予想していた将来の給付と負担の見通しが予想と乖離することがある。このため、5年に一度、これらを見直して必要な改正を行う制度。確定給付企業年金、厚生年金基金等が対象となっている。 

なお国民年金および厚生年金についてはマクロ経済スライド(賃金や物価の改定率を調整して緩やかに年金の給付水準を調整する仕組み)が導入されたことを受け、2004年の再計算を最後に「財政検証」に移行された。

(出典 野村證券ホームページ)

 

社会経済情勢の変化等で、事前に予想していた将来の給付と負担の見通しが乖離する可能性があるため、5年に一度、給付と負担の見通しを見直して、必要な制度改正を行うことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

年金制度の財政計画は計算基礎率(運用利回り、新規加入、退職・死亡等に関する予測値)と財政方式に基づき運営される。毎年度の財政決算で予測値と実績値の乖離を検証するが、時間の経過とともに徐々に実績値との乖離が発生する。財政再計算は、年金財政の長期的健全性を図るために、少なくとも5年ごとに計算基礎率を最近のデータに基づき洗い替えて、財政計画(標準掛金率と過去勤務債務の償却方法等)を見直すことである。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

財政再計算とは、制度発足以降に行う掛金の
見直しのことを指しています。ここでは、直近の経済状況、制度の人員推移等に基づき計算基礎率を見直し、改めて長期的な財政均衡に必要な掛金を算出することにより、安定した財政運営を行うための計画を再策定することが目的です。

(出典 第一生命保険「年金通信」第 3 章 財政再計算)

 

厚生年金基金では、毎年行う決算での財政検証の他に原則として5年に一度、財政再計算を行います。
財政再計算では、新規加入員はどれくらいか? 加入員はどれくらい脱退するか? どれくらい給与が昇給するか? などの前提条件をおいて計算をします。その前提条件を計算基礎率といいます。年金制度に加入している人員構成などは、時間の経過とともに変化しますので実績と計算基礎率に乖離が生じます。この乖離が大きくならないように軌道修正を行い新しい計算基礎率を使い、将来の給付を行うために必要な掛金率を再計算するものです。
また繰越不足金がある場合には繰越不足金を解消するための特別掛金をお願いすることになります。

(出典 全国情報サービス産業厚生年金基金ホームページ)

 

年金制度は長期にわたる制度のため、社会経済状況の変化によって、将来の給付の予測値と実績とが乖離することがあります。そのため、年金制度自体を見直し、その実態からその時点で使用されている基礎率の妥当性を検証し、基礎率や掛金率を見直す作業が必要になります。この作業を財政再計算といい、少なくとも5年に一度は実施することになっています。

(出典 モーニングスターホームページ)

 

基礎率等年金財政の将来予測に関する見直しを行い、掛金率の再設定やPSLの洗い替えを行うもの。法令により少なくとも5年毎の実施が義務づけられている。

(出典 日立企業年金基金ホームページ)