銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

財政投融資制度(ざいせいとうゆうしせいど)とは

国の財政政策の一つで、政策金融機関や地方公共団体、独立行政法人など財投機関に資金を投資・融資する制度。財投機関を通じて、民間金融機関では対応が難しい資金供給や政策的に必要な事業などに資金が利用される。資金の財源は、国債の一種である財投債の発行により金融市場から調達される。また、財投機関も独自に財投機関債を発行して資金調達を行う。 

2001年の財政投融資改革で、郵便貯金や年金積立金の全額義務預託は廃止された。
(出典 野村證券ホームページ)

 

財政投融資とは、郵便貯金や年金などを原資とし、国が公共事業等に投資してきた資金のことです。
財投と呼ばれ、旧大蔵省の資金運用部が運用する膨大な資金として、国の予算の一部を担ってきました。しかし、財政改革によって、2001年度からは市場からの資金調達に変わりました。財政投融資資金の貸出金利のことを、財投金利といいます。住宅金融公庫など公的融資は、財政投融資資金が原資なので、財投金利に連動します。

(出典 LIFULL HOME'Sホームページ)

 

市場から調達した資金を財源に、政府が日本政策金融公庫をはじめとする政府系金融機関などを通じて行う出資・融資のこと。
リスクが高く民間では対応が難しい、長期資金を供給するのが狙い。財投債を発行して集めた資金を低利・長期の条件で貸し出す「財政融資」や、NTTや日本たばこ産業(JT)などの株式の配当で得た資金などを企業の出資金に充てる「産業投資」があリます。

かつては「第2の予算」と呼ばれ、財投の肥大化が進みましたが、2001年度以降、市場から資金を調達するなど財投のスリム化を目的とする改革が行われ、規模は1996年度の約40兆円をピークに徐々に縮小しています。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

国民年金・厚生年金など国の制度と信用で集められた資金を財源として、政府系金融機関や地方自治体などの団体を融資先として提供することです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

財政投融資制度とは国の財政政策のひとつであり、政策金融機関や地方公共団体や独立行政法人等の財投機関に資金を融資・投資する制度を指します。この制度を利用することにおいてどのような効果が期待できるかと言えばリスクが少ない点にある所が特徴の一つにあります。一般の企業においては融資や投資をすることにおいて必ず投資や融資した分の金額が返還されるとは限らず損失するリスクが存在しますが投資先が政府の公認を受けたことによって国や信頼出来る組織が運営していることによって償還されない可能性が少なく投資による資金が無駄になるようなことがない点がこの制度を利用することで得られ、経済市場が安定化することにおいて期待出来る効果です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

財政投融資とは、都市再開発や産業・研究開発、教育、福祉、中小企業金融など、政策的な必要性があるものの民間金融機関では資金供給が困難な事業を行うために、国が行う融資・投資活動のこと。住宅金融支援機構が行う証券化事業や融資事業は、財政投融資が元になっている。2001年(平成13年)度より、これまでの資金源である郵便貯金や年金積立金の全額が資金運用部に預託されるという従来のシステムが改められたことに伴い、必要な資金を財投債の発行により市場から調達するなどの方法がとられている。

(出典 SUUMOホームページ)