銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

裁定売りとは

裁定取引において、先物を購入し・現物を売却することを裁定売りという。 
例えば、株価指数において、先物が安く、これと比較して、現物が高くなったとき、裁定売りが行われる。 
先物が安く・現物が高いという状況に変化が生じた場合には、裁定売りは解消される。 
引き続き、先物が安く・現物が高い場合には、裁定売りは解消されずに、そのまま繰り越される。このことをロールオーバーと呼ぶ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

裁定売りとは先物が安く現物が高い価格差を利用して先物を買って、現物を売る取引のことです。すなわち同一の性格を持つ2つの商品の間で割高な方を売って、割安な方を買って利益を上げる方法で理論上リスクなしで収益を確定させることができます。そしてこの現象に変化が起こると裁定売りは解消され、引き続き同じような状況が続くことをロールオーバーと呼びます。一方で株の取引量が少ない時に大量の裁定売りを行うとそれにより、株価の下落を招く要因にもなっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

裁定取引において、先物を購入し・現物を売却することです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

先物と現物の価格差をとらえた取引のことを裁定取引という。例)先物を買って現物を売る→裁定売り

(出典 ひまわり証券ホームページ)