銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

財投機関債とは

財投機関債とは、財投機関(財政投融資を活用している機関)が発行する債券のうち、政府が元金および利息の支払いを保証していない公募債券のことです。2001年度の財政投融資改革において導入され、現在、財投機関の資金調達手段の一つとして機能しています。財投機関債の発行に際しては、発行体自らの信用力に依拠した「コーポレート型財投機関債」と、発行体が保有する資産の信用力にも依拠する、「資産担保型財投機関債」があり、後者は、貸付債権担保住宅金融支援機構債が有名です。

ワンポイント
財投機関債の発行体としては、住宅金融支援機構、日本政策投資銀行、日本政策金融公庫、日本高速道路保有・債務返済機構、都市再生機構、鉄道建設・運輸施設整備支援機構、日本学生支援機構等があります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

政府関係機関債の一種で、独立行政法人や特殊法人が政府保証なしで、公募形式で発行する債券のこと。

(出典 大和証券ホームページ)

 

財投機関債とは、日本政策投資銀行・公営企業金融公庫・首都高速道路公団・水資源開発公団・中小企業金融公団・国際協力銀行などの特殊法人が発行する債券のことで、政府の保証はつきません。したがって、市場から資金を調達するためには、経営内容などの情報を公開し、市場のチェックを受けて、信用力を高めることが必要になります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

財投機関債とは、法人の中で法令の規定に基づいて設立され、行政や民間や企業を除いた目的を持った社会に影響を与える法人団体を対象にした、政府の保障を必要としない債券のことです。主な団体として挙げるならば中小企業の金融機関や首都の高速道路を開発する団体や水の資源となる物を開発する団体に与えられ、この債券を利用する事によって国内で生活する事において多くの影響が与えられる団体が資金不足になる事が無いように実現する事を可能にしたメリットが財投機関債には存在します。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

財投機関が民間の金融市場で資金調達するために発行する債券のうち、政府が元本や利子の支払いを保証していない公募債券。2001年4月以降に実施された財投改革のもと導入された。発行体の信用力に依存した普通社債(Straight Bond)と、担保となる資産の信用力に依存した資産担保証券(Asset Backed Securities)の2種類に大別される。 

財投機関とは財政投融資を活用している機関のことで、日本政策投資銀行、日本政策金融公庫などの政策金融機関、住宅金融支援機構、日本学生支援機構などの独立行政法人などがある。

(出典 野村證券ホームページ)