銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

裁定買い(さいていかい)とは

裁定取引において、先物を売却し・現物を購入することを裁定買いという。 
例えば、株価指数において、先物が高く、これと比較して、現物が安くなったとき、裁定買いが行われる。 
先物が高く・現物が安いという状況に変化が生じた場合には、裁定買いは解消される。 
引き続き、先物が高く・現物が安い場合には、裁定買いは解消されずに、そのまま繰り越される。このことをロールオーバーと呼ぶ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

裁定取引において、先物を売却し・現物を購入することです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

裁定買いとは市場の価格の歪みを利用した取引のことで、主に先物価格が高く現物価格はそれに対して低い場合に、先物を売って現物株を買うという取引となります。現物株は先物価格と連動する銘柄で構成されることになり、両者のサヤを利益として確保できる状態にポジションを取るものとなります。やがて先物と現物株との差が縮み、サヤが解消されるようになれば両方のポジションを手仕舞いすることで利益を得ることになります。サヤの解消がなされずに先物の期日が訪れる場合には、さらに期先の先物に売りを建てることになります。

(出典 東海東京証券ホームページ)