銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

裁定残(さいていざん)とは

裁定取引に伴う現物株の売り買いで、まだ決済が終わっていない残高のこと。
裁定残には「先物売り・現物買い」のポジションを解消していない「裁定買い残」と、「先物買い・現物売り」のポジションを解消していない「裁定売り残」があり、いずれの場合も先物取引の決済日の残高が大量に残っていると、現物株の売買につながり、相場波乱の要因となります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

裁定残とは、株式市場における裁定取引のうちの現物株式の買いポジションの残高のことを指して使われる株式用語です。現物の株式と先物価格の間には、ほとんどの場合価格差が生じています。この価格差を利用して、現物株を買い、同時に先物を売り、またはその逆の取引によって、その差で利益を得ようとする取引が裁定取引と呼ばれており、それぞれを裁定買い残高、裁定売り残高と呼び、この2つを合わせたものが裁定残となります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

裁定取引に伴う売買される現物株で、決済が終わっていない残高のこと。 
先物売り・現物買いは「裁定買い残」、先物買い・現物売りを「裁定売り残」と呼ぶ。 
裁定買い残が大量に残っている場合、先物の決済日に裁定解消の現物株売りが大量に入る可能性があるため、相場の下げ要因として注意が必要。

(出典 野村證券ホームページ)