銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

裁定取引とは

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが代表的です。理論価格よりも高くなっている割高な先物を売却するのと同時に現物を購入することを「裁定買い」といい、理論価格よりも低くなっている割安な先物を購入するのと同時に現物を売却することを「裁定売り」といいます。また、例えば、先物を売って現物を買うという裁定取引のポジションを組み、その後、利益を確定するために先物を買い戻して現物を売るといった反対売買を行うことを「裁定解消」と呼び、その際に行われる現物の売りのことを「裁定解消売り」ともいいます。なお、裁定取引は、株式市場の現物と先物だけでなく、為替、金利、商品(コモディティ)など、さまざまな市場で行われています。

ワンポイント
裁定取引は、機関投資家などが大きな資金でサヤ抜きを狙う手法として使われるのが一般的なので、その取引が市場全体に与える影響も比較的大きく、マーケットを見るうえでは、その動向もチェックしたいところです。日本経済新聞のマーケット総合面では、株式市場の裁定取引の残高などが記載されています。なお、裁定取引は、その取引を積極的に行う市場参加者が増えるほど、市場の歪みが短時間で解消される方向にはたらくため、適正な価格形成に役立っているともいわれます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

価格変動において、同一の性格を持つ2つの商品の間で、割安な方を買い、割高な方を売ることにより、理論上リスクなしに収益を確定させる取引のこと。アービトラージともいう。 

マーケットの価格が理論価格に近づき、乖離(かいり)がなくなることで、割高・割安な状態が解消された場合に、反対売買を行うことによって収益化する。 

現在、裁定取引が活発に行われているのは、証券の現物市場と先物などの派生証券との間、同一の先物で異なる限月の間での裁定取引である「限月間スプレッド」、異なる先物市場間(例えば、大阪取引所とSGX)での裁定取引である「市場間スプレッド」などがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

現物価格と先物価格などの価格差に見られる歪みを利用し、割安なものを買い、同時に割高なものを売って、その後、両者の価格関係が正常化したときに反対売買を行ない利益を追求する取引のこと。裁定取引の解消による現物売りによって、株価は下落した。日経平均株価から日経平均先物の理論価格を算出し、日経平均先物の実際の取引価格が、この理論価格を上回っている場合は、「現物買い/先物売り」というポジションを組みます。その後、日経平均先物の取引価格が理論価格に近付いたら「先物買い戻し/現物売り」という取引を行ないます。これが、裁定解消の現物売りと呼ばれる取引です。このように、つねに割安なものを買う一方で割高なものを売るという取引が頻繁に行なわれることによって、株式市場などの取引価格は歪みが是正され、正常な価格形成が維持されると考えられています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

金利差や価格差に注目して、割安な投資対象を買い、割高な投資対象を売るポジションを取ることで、両者のサヤを抜こうとする手法。両者の価格が収縮したとき反対売買を行うことで投資収益をあげることができます。「アービトラージ(Arbitrage)」「サヤ取り」「スプレッド取引」ともいいます。かつては投資銀行などの自己勘定部門が行う裁定取引を指すことが多かったのですが、近年ではヘッジファンドの投資手法を指す用語として使われることが増えています。

(出典 三井住友DSアセットマネジメントホームページ)

 

株価指数先物取引で、現物価格と先物価格の価格差が生じた際に、安いほうを買い、高いほうを売ることにより差益を得ること。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

裁定取引とは、株式市場における状況の良し悪しを判断して決定することであり、株価指数先物取引において有利な時点で売買をすることにより利益を得ることである。

株式市場において裁定取引を行なう場合、一般的には日経平均や日経平均先物を使って、利益を上げる。有利な時点で売買をするのが基本でだが、価格には割安と割高があり、その差額を利用して利益を出すことができる。

つまり割安の時点で買い、割高の時点で売却する。株式相場が上昇すると、先物が上がった時に空売りをし、現物が割安になった時点で現物買いをする裁定取引をする投資家が増える。

相場が上昇している時には投資家も強気に取引を行なうが、日経225先物と日経平均の価格が近づいてくると、裁定解消を行なう人が多くなり、相場が崩れていく傾向がある。

相場が上昇していても、崩れていく可能性があるため、十分な注意が必要である。裁定取引を行なう際には、様々な指標などを分析して慎重に取引をするのが大切である。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

裁定取引とは、同じ商品が異なる価格で取引されているときに、高い方で売り、安い方で買うことで利鞘を得る取引。アービトラージ。

金融商品において、価格の変動に連動性がある商品の価格に差がある場合に、高い方を売り、安い方を買うことで利鞘を得られる。デリバティブのように現物の価格に依存して価格変動する商品の理論価格が現物の価格と差がある場合や、同じ商品が異なる市場で価格に差がある場合、裁定取引が行われる。

日本の株式市場では日経平均先物やTOPIX先物と現物(日経平均225銘柄、TOPIX採用銘柄)との間で裁定取引が行われることが多い。裁定取引が確定した時点で利鞘が生まれるので、リスクがない。

裁定取引は、ヘッジファンドの手法の1つとして用いられる。しかし、異なる市場での価格の乖離は一時的なものでいずれ修正される。そのため乖離自体が大きくなることはなく、裁定取引の取引での投資資本対利益の比率は、一般に0.1%以下と低い。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

異なる市場で全く同じ商品を取り扱っているにも関わらず市場間で価格が異なる場合に、その商品を“安い市場で買って”“高い市場で売る”(いわゆる「鞘取り(さやとり)」)ことで、リスクなく利益を得ることを「裁定取引(アービトラージ)」と言います。

(出典 新生銀行ホームページ)