銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

歳入(さいにゅう)とは

国家財政の年間収入のこと。 
歳入の大部分は、税収入からなっている。これには直接税と間接税とがある。 

直接税 
所得税・法人税・相続税のように国家に直接納める税金 
間接税 
消費税・酒税のようにモノを売る側がいったん預かる形で徴収する税金 
来年度の予算を立てる際に、この歳入をどこからどのように集めるのかを考える。例えば、景気の悪い年にはしばしば減税が行われ、減税が行われると、給料の手取り金額がいくらか増加するので、消費に回るお金も増加することになる。景気対策の基本的な仕組みから言えば、景気刺激策には「減税」、景気引き締め策には「増税」ということになる。 

国家の財源である税収入を増やしたいときに、所得税率や法人税率を高くすると、家計や企業活動に大きな影響を与えることになりかねないので、直接税の増税は慎重になる。財源不足時に、税収入を増やす方法としては、間接税の税率を変更する方法がある。消費税率の引き上げなどがそのいい例である。 
来年度予算の税源の中で何をいくら位に予定するか、昨年度予算から自然増減のままとするか、それとは違う税収見込みを立てるか、そこに政府の財政政策が出てくる。 
減税を含めて税率の変更は、政府が勝手に指示を出せるわけではなく、国会での承認が必要である。年末の臨時国会で「来年度税制改革法案」が審議され、それが可決されてから、その税収見込みを予算案として、1月からの通常国会で「来年度予算案」が審議されるという手順となる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

歳入とは、国家における財政の収入元のことを指します。日本国内における収入元とは主に国民から納めてもらった分の税金が主な歳入であります。税収入がどのような分類に分けられているかと言えば一定の資産を有している時に発生する所得税等が国家に支払わなければならない直接税分類され、もう一つは酒やタバコといった物品を売る時に商品に付属する税金である消費税や酒税等に分類され、直接税は経済への影響力が間接税と比較すると強く収入を得やすいのに対して間接税は経済への影響力が少ない反面、収入が少ない事が主な歳入としての特徴として挙げられます。

(出典 東海東京証券ホームページ)