銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

債務超過(さいむちょうか / Insolvency)とは

貸借対照表上で、会社の資産より負債が多くなってしまっている状態のこと。現時点で資産をすべて簿価で売却しても、借金が残る状態のことを言う。
一般的に、財政状態の不健全な会社が陥る。証券取引所では1年以内に債務超過の状態でなくならなかったときは上場廃止と定めている。 

(出典 公認会計士協会ホームページ)

 

債務者の負担する債務の額が、資産の額を上回っている状態のこと。 

債務超過の場合には、貸借対照表において、「資産」の合計金額よりも「負債」の合計金額が大きい状態であるため、「資本」の合計金額はマイナスになっている。 

(出典 野村證券ホームページ)

 

貸借対照表において、債務の額が資産の額より上回っている状態のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

債務超過とは、債務者の負債の総額が、会社が保有する資産の総額を超えている状態で、資産を全て売却しても負債を返済しきれない状態である。

債務超過とは、会社の経営状態が悪化し、赤字が続いて利益剰余金がマイナスになり、純資産全体が赤字となっている状態のことである。この債務超過の状態に陥ると、法人や相続財産の破産手続きを開始する可能性が高くなる。

債務超過における会社の総資産とは、資本金や法定準備金、剰余金などの光景金額であるが、負債総額がこれらの総資本を超えるようになると、経営としては非常に危険な状態である。

日本の証券取引所において、企業が2年連続で債務超過の状態に陥っているなら、上場は廃止されることになる。

一般的には貸借対照表で財務状況を確認することができるが、損失ばかりで利益が出ていなかったり、保有している資産の価値が下がっていたりすると、債務超過になる可能性が高い。債務超過の状況に陥ると、会社の自力では負債を返済できなくなっているため、増資して資本を改善する必要がある。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

債務超過とは、債権者の負債が資産の額を上回った状態のことを言います。資産をすべて売却しても負債をすべて払えない状態で、資本の合計金額はマイナスになっています。債務超過に陥った企業が仮に企業の清算を行ったとすれば、株主の取り分は全くないことから清算価値や理論株価がゼロと表現することもあります。銀行は債務超過の企業に対して貸し付けを行わないことを条件にしていることが多いため、この状態で貸し付けが実行されるのは困難です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

債務超過とは、貸借対照表において、負債の額が資産の額を上回っている状態をいう。貸借対照表上、債務超過にある状態を簿価債務超過といい、貸借対照表の評価替えを行い、営業権を計上した後であってもなお債務超過にある状態を実質債務超過という。
上場企業が債務超過に陥ると、上場廃止基準に抵触することとなる。例えば、東京証券取引所の上場廃止基準によれば、債務超過状態になり、1年以内にその状態を解消できない場合は上場廃止となる。債務超過は、合名会社および合資会社を除いた法人については、破産手続開始原因となる。
なお、債務超過であることが即経営破綻を意味するわけではないが、通常、金融機関は債務超過会社には新規融資を行わないため、資金繰りが厳しい状況に追い込まれる。そのため、債務超過会社にとってはDESや債務免除、減増資などにより債務超過を解消できるかどうかが、破綻回避のための重要な課題となる。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)