銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

材料とは

相場(株価)の変動に影響を与える出来事や事象のこと。特に値上がり要因となるような材料のある株を「材料株」「材料含み株」などという。新興市場では材料株の個別物色によって、株価は堅調に推移した。業績の上(下)方修正、増配・復配・減配、画期的な新製品の開発など、株価に影響を及ぼす出来事が材料で、材料を手掛かりに物色される銘柄のことを材料株といいます。材料株は、買うから上がる、上がるから買うということで株価が大きく上昇することもあります。その反面、材料が陳腐化すると、賞味期限切れということで投資家が振り向かなくなり、株価が急落するケースもあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相場を変動させる要因。
相場上昇要因を「好材料」、下落要因を「悪材料」といいます。

(出典 大和証券ホームページ)