銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

最良気配(さいりょうけはい)とは

株式の売買注文状況を示した情報を「気配」と言って、これを見ながら売買注文をします。流通市場では円滑な価格形成を促進するためマーケット・メイク方式を採用しています。マーケット・メイカーとなった証券会社等は売り気配や買い気配を継続的に発表しなければなりません。最良気配とは、継続的に発表された気配の中で、最も安い売り気配と最も高い買い気配の両方のことを示します。尚他の取引参加者や顧客から売買注文があった場合、気配と数量に応じた売買の義務があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

気配注文のうち、最も安い売り気配と最も高い買い気配。

(出典 野村證券ホームページ)

 

マーケットメーク方式の売買での気配注文のうち、最も安い売り気配と最も高い買い気配の両方のこと。
証券会社などのマーケットメーカーは、売り気配と買い気配、株数を継続的に発表する義務と、他の取引参加者や顧客から売買注文があった場合、気配と数量に応じた売買の義務があります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

注文の値段に基づく気配であり、最も高い買い注文の値段を買い気配値、最も安い売り注文の値段を売り気配値として、双方を最良気配といいます。

(出典 楽天証券ホームページ)