銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

材料難(ざいりょうなん)とは

株価変動の手掛かりになる材料がなく、株価の動きを見守っている状態のこと。株価は小幅続伸したものの、連休の影響による材料難から、方向感のない展開が続いている。株価が大きく動くきっかけとなるのが「材料」です。材料の内容次第で、売りも買いも強くなり、買いの場合、株価は大きく上昇することになります。しかし、常時、材料があるとは限りません。国内では、特にゴールデンウイークや夏休み、正月休みといった休暇の時期になると、社会全般の活動が緩やかになるため、株価を大きく動かす材料そのものが出てきにくくなります。その結果、株式市場では、「材料難」となり、商いそのものが低迷、株価の値動きも小さくなりがちです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株式の市場用語で、相場の基調がさほど変わらないときに使われる。 
売買するだけの「材料」がないため、売買が手控えられている状況をさす。 
「手掛かり難」「仕掛け難」ともいう。

(出典 野村證券ホームページ)

 

相場を動かす材料が見当たらず、相場に手を出しにくい状態のこと。

(出典 大和証券ホームページ)

 

相場を動かすような材料がないため、売買が手控えられている状態をさします。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)