銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

酒田五法(さかたごほう)とは

江戸時代の酒田藩で米の先物取引で手腕を振るった相場師・本間宗久が考案したローソク足を使ったテクニカル分析手法。
「酒田罫(ケイ)線」とも呼ばれます。ローソク足の組み合わせによる、「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」「三法(さんぽう)」の5種類の分析方法を用いて、売り買いのタイミングを図る手法です。三山は、「三尊」とする場合もあります。

「三山」「三尊」とは、相場が下落に転じるときに見られる形で、上昇相場で上げ下げを3回繰り返して3つの山を形成するもので、真ん中の山が最も高い「三尊天井」が天井をつける典型とされています。また、相場が上昇に転じるときに見られる形で、下降相場で上げ下げを3回繰り返して3つの山を形成する、「逆三尊(山)」もあります。
「三川」とは、3本のローソク足の並びに注目して相場の転機をとらえるもので、酒田五法の中で最もバリエーションがあります。なかでも、売り(下落)シグナルとなる急上昇した次の日に上昇が鈍化、翌日に大きく下落する「三川宵の明星」、買い(上昇)シグナルとなる急落した次の日に少し値を戻し、翌日さらに急上昇する「三川明けの明星」などが有名で、そのほかにも、「両はらみ線」「両つつみ線」「二本たくり星」など多くの種類があります。
「三空」とは、三連続で窓をあけ相場が勢いよく上昇・下降する場合で、相場の転換点が近いとされ、上昇局面なら売り、下落局面なら買いと反対売買の機会といわれています。「三兵」とは、陽線が三本、陰線が三本続いた場合で、上昇が連続すれば「赤三兵」、下落が連続すれば「黒三兵」と呼び、相場の転機が近いとされています。「三法」とは、短い期間に上昇と下落が連続して起こる場合で、売買が交錯している相場では休んで様子を見ることが大切であると説いています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

酒田五法とは、江戸時代に開発された株式投資のテクニカル分析のひとつで、酒田ケイ線とも言います。酒田五法の手法としては5つの手法があり、三山は上昇相場の時の下落に転じるタイミングを見る為のもので、三川は下落相場で上昇に転じるタイミングを見るためのものです。三空は相場が強い時のシグナルで、三歩は相場の転換期を表すシグナルになります。三法は株取引を休むと言う意味があり、勝つ投資家に成る為には、いつも株を売買しないで、良いタイミングが来た時だけ株取引をすると言う教えです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

酒田五法は、江戸時代に米相場で活躍した本間宗久(1724~1803年)によって考案されたテクニカル分析です。本間宗久が山形県酒田市周辺の大地主だったことから酒田五法の名がついたといわれています。酒田五法の基本チャートパターンは、三山(さんざん)、三川(さんせん)、三空(さんくう)、三兵(さんぺい)、三法(さんぽう)の5つ。これら5つのパターンを組み合わせて相場の先行きを予測していきます。株式投資やFXなど、現在でも酒田五法を活用して相場予測をする投資家は少なくありません。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

江戸時代、酒田藩の豪農の家に生まれ米の先物相場で天才的な手腕を発揮した本間宗久が書き残した「本間宗久相場三昧伝」をもとに作られた罫線(ローソク足)の分析法です。ローソク足を相場戦術的にまとめ上げており、三山(三尊)、三川、三空、三兵、三法という5つの種類に分類された罫線の動きから今後の相場の動きを読み解こうとするテクニカル分析の基礎となっています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

酒田ケイ線とも呼ばれ、出羽国庄内/相場師本間宗久が江戸時代に考案したテクニカル分析のひとつ。ローソク足の組み合わせによって売り場、買い場を読む五つの法則(三山、三川、三空、三兵、三法)のこと。 

(五つの法則)三山とは上昇相場で底値から上昇・下降を三回繰り返し、天井をつけると下落に転じ、三川とは下降相場で下降・上昇を三回繰り返し、大底を打った後に上昇に転じるとされる。三空とは三連続で窓をあけ相場が勢いよく上昇・下降する状況で、三兵とは底値で陽線が三本、天井で陰線が三本続いた場合で、いずれも相場の転換期が近いとされる。一方、三法とは売買が交錯している相場では休んで様子を見ることが大切であるとしている。

(出典 野村證券ホームページ)