銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

差金決済(さきんけっさい)とは

取引をする際に取引を原商品や現金で受渡しせずに、反対売買によって算出された差額で受取り、支払いを済ますことを差金決済と言います。一定の保証金を証券会社に預け、その額の数倍の株式取引ができる信用取引や、取引価格と決済時の実勢価格との差額を米ドルなどの主要通貨で取引をするNDF取引等で採用され、先物取引やオプション取引等の決済においても原商品の受渡しをせずに、差額分の現金のみの受渡しとなっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

現物の受け渡しをせずに、反対売買により決済したときの差額だけを受け渡して行われる形態の取引。

(出典 マネックス証券ホームページ)

 

現物の受渡しをせずに、反対売買により買付代金と売付代金の差額の授受によって決済することをいいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)