銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

下げ相場(さげそうば)とは

相場が次第に下落していく状態をいう。景気の回復とともに上昇していた株価は、金融引き締め観測の浮上とともに下げ相場へと転じた。日本の株式市場では、景気後退や金利上昇、円高などが下げ相場へと転じるリスクになり得ます。もちろん、それらが下げ要因の全てではありませんが、景気後退は企業業績の悪化を通じて、円高は輸出企業の業績悪化懸念等により株価下落要因になりますし、金利上昇は企業の資金調達コストを引き上げるとともに業績懸念につながり、株価を押し下げることになりがちです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

だんだん値段が安くなっている相場。すなわち、下落している相場のことをいう。

(出典 日本商品先物振興協会ホームページ)