銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

サスティナブル成長率とは

サスティナブル成長率とは、企業価値評価において使われる指標値の一つです。持続可能成長率と呼ばれることもあります。企業活動において、外部資金調達に依存せずに、新たな株式発行による株式資本の増強がないとした場合に、内部投資のみで実現できる成長率のことを指しています。1株当たりの利益の成長を計算によって導くことができます。サスティナブル成長率は、内部留保率(再投資比率)に資本利益率を掛け合わせて算出することができます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

企業価値を測る指標の一つであるEPSの成長率を、予測する際に用いる指標のことです。流出部分(配当金等)を除いた内部留保と企業の収益性(ROE:Return on Equity)がベースになります。

計算式
ROE×内部留保

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

英語表記はSustainable。企業価値を測る指標の一つであるEPSの成長率を、予測する際に用いる指標。流出(配当の支払いなど)部分を除いた内部留保と、企業の収益性をベースに、今後の成長率を予測する方法である。

(出典 野村證券ホームページ)