銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

サムライ債とは

海外の発行体(国際機関や外国政府、民間企業)により日本国内市場で円建てで発行される債券のことです。
利金が円で償還金が外貨のデュアル債や、利金が外貨で償還金が円となるリバース・デュアル債のようなサムライ債もあります。

ワンポイント
円建てであっても、日本国外で発行されるものを「ユーロ円債」といいます。ほとんどがユーロ市場で発行されることから「ユーロ円債」と呼ばれます。ここでいう「ユーロ」は、通貨が自国市場以外で取引される場合に、その取引市場を「ユーロ市場」と呼ぶことに由来していて、欧州統一通貨であるユーロとの直接的な関係はありません。
ちなみに、海外の発行体が日本国内で外貨で発行する債券のことは、「ショーグン債」と呼ばれます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

外国債券(外債)のうち、非居住者により日本国内で発行され、発行時に日本円で払い込まれる円建て債券。利払いは外貨、償還が円のエイバース・デュアル債や、利払いは円、償還が外貨の順デュアル債などがある。日本法を準拠法とし、証券取引法に則った開示書類を作成し、原則として債券管理会社を設置する。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

円建て外債外国の企業や政府、国際機関などが円資金を調達するため日本国内の市場で発行する債券のこと。利払い、償還金は円で支払われる。債務問題で混乱が続いている欧州市場での発行を避け、低金利かつ安定している日本市場で資金調達を行なうため、サムライ債の発行額が増加している。「円建て外債」や「サムライボンド」とも呼ばれ、海外の国や企業(非居住者)が日本の投資家を対象に発行する円建て債券です。発行者にとっては巨額の資金を低利で調達できること、日本の投資家にとっては為替リスクがない上に預貯金や日本国債などより金利が高いことがメリットとなっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

海外の発行体(非居住者)が日本国内で発行する円建ての債券のこと。「サムライ・ボンド」「円建て外債」とも呼ばれます。国際機関や外国の政府・政府関係機関、外国企業などが直接円資金の調達のため発行します。利払い・元本償還とも円建てのほかに、利払いが円、元本償還が外貨の「デュアル債」、利払いが外貨、元本償還が円の「リバース・デュアル債」もあります。

発行体は非居住者ですが円建てのため為替リスクがないうえに、国内の同等格付けの債券よりも利率が高めに設定されている場合が多くなっています。ただ、発行体の財務情報や信用情報が入手しにくいのが難点です。

(出典 三井住友DSアセットマネジメントホームページ)

 

海外の政府や企業などが日本で発行する円建ての債券です。円建てで発行されるため、国内の投資家が投資する場合は為替リスクがありません。円建外債ともいいます。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

一般にサムライ債と呼ばれる債券であり、海外の発行体(非居住者)により日本国内市場で募集(公募)・発行され、発行時に日本円で払い込まれるものをいう。リバース・デュアル債(利払いが外貨、償還が円)や順デュアル債(利払いが円、償還が外貨)の形式をとったサムライ債も発行されており、利金や償還金については必ずしも両方とも円である必要はない。 

歴史的には、国際収支の黒字幅拡大や外貨準備の急増を背景に、1970年にアジア開発銀行が発行した60億円のものが第一号であり、これが東京資本市場の国際化の端緒になったと言える。当初は国際機関又は国、州、公的機関のストレートボンドのみだったが、次第に発行体、商品共に多様化されていった。 最初の民間企業銘柄は1979年のシアーズ債である。1989年には最初のリバース・デュアル債がデンマーク王国により発行され、1991年には変動利付債(米州開銀)とCB(グラクソ)も登場した。 

日本の債券市場に共通する流通市場の問題(社債登録制度・流動性の低さ等)はあるものの、金利動向に合わせて、発行体・投資家双方のニーズに合った商品を提供しうる市場として成長してきた。なお国内債であるために、日本法を準拠法とする。また、金融商品取引法に則った開示書類を作成し、原則として債券の管理会社を設置する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

意味
国際機関や外国の政府、法人が日本国内で発行する円貨建ての債券。

解説
円貨建てのため、為替変動による影響を受けません。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

海外の発行体(国際機関、外国の政府・政府系機関、外国民間企業など)が日本の投資家を対象に、東京市場などで円建てで発行する債券。正式名称は円建外債です。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)