銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

サヤ取りとは

サヤ取りとは、株式を売買取引する時の用語のひとつです。発行日決済取引などでよく用いられる手法で、旧株と新株間の値段の開きがある場合、最終的にひとつの値段にするために高い方を売って安い方を買う事により利益を生み出すことを指します。また同一の銘柄で言えば、より低い価格で買い付けて、より高い値段で売却することによって利益を売るという行為にも、このサヤ取りという言葉を用いることがあります。デイトレードなど短期間で利益を上げようとする際によく用いられる手法です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

旧株と新株の間で値段が開いている場合、高い方を売り、安い方を買って利益をとる行為のことです。同一の銘柄で、より低い価格で買付け、より高い値段で売って利益を得ることもサヤ取りといいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

発行日決済取引等で旧株と新株の間で値段が開いている場合、最終的に一つの値段になるために高い方を売り、安い方を買って利益をとる行為をいう。または、同一の銘柄で、より低い価格で買付け、より高い値段で売って利益を得ること。

(出典 野村證券ホームページ)

 

「裁定取引」の別名。裁定取引は、金利差や価格差に注目して、割安な投資対象を買い、割高な投資対象を売るポジションを取ることで、両者のサヤを抜こうとする手法。両者の価格が収縮したとき反対売買を行うことで投資収益をあげることができます。「アービトラージ(Arbitrage)」「スプレッド取引」ともいいます。かつては投資銀行などの自己勘定部門が行う裁定取引を指すことが多かったのですが、近年ではヘッジファンドの投資手法を指す用語として使われることが増えています。
(出典 三井住友DSアセットマネジメントホームページ)

 

通常の投資手法では、商品取引に限らず、株式、FX取引などでも、投資対象銘柄の価格の上昇を予想した場合は「買い」、または、価格の下落を予想した場合は「売り」を狙うのが一般的です。
しかし「鞘(サヤ)取り」は、1つの銘柄の価格動向に一喜一憂するのではなく、相関性のある2つの銘柄間の「価格差」に着目し、価格差の縮小・拡大を狙った取引です。

(出典 北辰物産ホームページ)