銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ザラ場とは

ザラ場とは、寄付から引けまでの間の取引時間のことをいいます。
寄付や引けでは、売り注文と買い注文を整理してまとめて売買を成立させる板寄せ方式を採用していますが、ザラ場では値段優先で、条件が同じであれば発注が早いものから売買を成立させるオークション方式を採用しています。「ザラ場」とは、寄付から引けまでの間に成立する取引そのものを呼ぶ場合もあり、「いくらでも普通にある場」という意味で名付けられたといわれています。
なお、ザラ場引けとは、前場引けや後場引けに取引がなく、ザラ場でついた株価のまま取引が終了することをいいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

寄り付きと引けの間の時間のこと。日経平均株価は急騰し、ザラ場ベースの年初来高値を抜いてきた。ザラ場の語源は、ザラにある(よくある)場、という意味です。つまりザラにあるということから、寄り付き時点から、大引けにかけて、普通に取引されている場という意味合いが込められています。ザラ場ではつねに株価が変動しています。そして、ザラ場で株価が大きく上昇し、過去の高値を超えてくると、「ザラ場高値を更新し…」と表現されます。反対に、株価が過去の安値を更新してきた場合は、「ザラ場安値を更新し…」と表現されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

寄付きと引けの間の時間、およびその間の売買方法を総称して指す。 「ザラにある普通の場」という意味。

(出典 野村證券ホームページ)

 

意味
寄り付き(1日の取引や後場の取引の最初に成立する売買)と引け(前場または後場の取引の最後に成立する売買)の間の取引方法や取引時間のこと。

解説
寄り付きと引けの取引は、売買注文を一度に集め、価格優先でまとめて成立させる(板寄せ方式)のに対して、それ以外の時間帯は、売買の条件が出合ったものから順に売買を成立させていきます(オークション方式)。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

寄り付きと引けの間の取引や時間のこと。「ザラバ」と記す場合もあります
(出典 三井住友DSアセットマネジメントホームページ)

 

ザラバとは取引所での競(せり)売買により値段を決定(約定)する方法の一つで、多数の売り方と買い方が値段を競い合い、値段と数量が合致したものを個別に成立させる方法のことを言います。なお、このザラバ仕法は一定の取引時間内に出された注文を「価格優先・時間優先の原則」にしたがって順次(連続)に約定させていく特徴があります。

海外での多くの取引がこの方式を採用しており、日本の商品先物市場では東京商品取引所が採用しています。

(出典 第一商品ホームページ)