銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

三尊型(さんぞんがた)とは

株価のチャート上で、一度天井をつけて、2回目に前回の天井より上で天井をつけて、その後に前回の天井より下で天井をつけた形を三尊型と言います。三尊型は、仏像が3体あるように見えるので、そのような名前がつけられていて、別名では、ヘッドアンドショルダーズトップと言われています。一般的な見方としてこの形は、株価が天井を打った事のシグナルになります。2回目の天井をつけた後の安値に、3回目の天井からの株価が下がった辺りが売りシグナルになります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株式のチャート分析で用いる言葉。チャートの形の一つで典型的な天井の形として注目される。 

仏像が三体並んでいるように見えるのでこの名がある。この形を欧米では、人の頭と両肩に見立てて「ヘッドアンドショルダーズトップ」と呼んでいる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

一旦高値をつけた後、株価が押し目を迎え、さらに高値を更新し反落。その後、反発するも最高値を更新できずに株価が下落トレンドに移行するチャートの形状を言います。その形状からヘッドアンドショルダーズ(頭と肩)とも言われ、典型的な株価の天井のサインです。頭と肩の間にある2つの谷を株価が割り込んだところで、三尊型の完成として売りポイントと考えられます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)