銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

散発高(さんぱつだか)とは

全体の株価が安い中でポツポツと値上がりする銘柄がある状態のこと。全体相場が安値を更新する中、円安の影響を受けて自動車、家電などに散発高の銘柄がみられた。散発高の局面は個別物色相場であり、材料株を中心に買われる傾向があります。物色の対象が少ないだけに、特定銘柄に買いが集中し、株価が大きく上昇するケースもありますが、反面、全体相場の地合いは弱いので、散発高の銘柄も長期持続的な株価上昇の期待は低く、下落に転じるリスクもあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相場が全般的には小幅な動きだが、一部の銘柄だけが目立って高くなること。

(出典 大和証券ホームページ)