銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

CEO(しーいーおー)とは

英語表記「chief executive officer」の略で「最高経営責任者」のこと。企業経営全体の経営責任を負う代表者を指します。ただ、日本では会社法で会社の代表権を持つのは代表取締役と規定されているため、権限や責任に法的な裏付けはなく、あくまで対外的や社内的の呼称に過ぎません。

(出典 三井住友DSアセットマネジメントホームページ)

 

CEOとはChief Executive Officerの略で、取締役会の委託を受け、その意思決定に従って経営方針の決定や事業戦略の策定に関して責任を持つ最高経営責任者を指します。これに対し、その方針に従って実務を執行する最高執行責任者をCOOといいます。もともとアメリカ型のコーポレートガバナンス(企業統治)の考え方として、経営と執行の責任を明確化するために用いられる役職名ですが、日本では従来型の代表取締役社長の意味で使われるケースも多いようです。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

最高経営責任者と訳される、米国で定着している呼び名です。
米国では取締役会が意思決定を行うとともに業務執行について監視を行い、執行役としてのオフィサーが業務を執行するが、そのオフィサーの最高責任者のことを言います。日本でも、委員会設置会社では米国型の組織が導入されており、最高責任者のことをCEOと呼ぶ会社があります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

CEOとは、Chief Executive Officerの略語で日本語では最高経営責任者と言います。CEOは新規事業への取り組みや事業提携や投資案件など企業の経営方針を決定する際の最高責任者です。最高責任者なので経営状態が悪くなればその責任をCEOが負うことになります。この呼び方はアメリカでは定着していて、日本ではまだまだ代表取締役というケースが多いですが徐々にこの呼び方をする所も増えてきています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

CEOとは、Chief Executive Officerの略。日本では「最高経営責任者」と訳される。

米国型コーポレートガバナンスでは、企業の所有と経営(執行)を切り分け、所有者である株主を代理する取締役会が、業務執行を行う執行役員を任命・監督するという形態となっている。この執行役員のトップがCEOと位置づけられる。

「CEO」や「COO(Chief Operating Officer、最高執行責任者)」のような“CXO”という役職名は、所有と執行の役割境界をそれほど明確にしていない「会長(Chairman)」や「社長(President)」とは異なる概念のものである。ただ実際のビジネスにおいては、会長がCEOを、社長がCOOを兼ねることが多い。

日本企業においては、近年になってから、この執行役員制度を導入する企業が増えてきたが、上述のような兼任をする形態が一般的である。日本においては、会社の代表権を持つのは、CEOやCOOではなく、あくまでも取締役または代表取締役である(会社法349条)が、2003年4月施行の改正商法で委員会等設置会社(2006年5月施行の会社法で委員会設置会社に名称変更)と呼ばれる米国型企業統治に近い制度が導入され、代表執行役、執行役が設置できるようになっている。

日本取締役協会(http://www.jacd.jp/)が2003年に会員であるCEO(会長、社長)を対象として実施した「CEOに関するアンケート調査」によると、CEOという呼称は半数以上の企業が使用しており、調査時点で既に一般的になりつつあった。

なお、CEOのように“CXO”と称される執行役として他に、「COO」「CFO(Chief Financial Officer、最高財務責任者)」「CLO(Chief Learning Officer、最高人材・組織開発責任者)」などがある。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)