銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

GNP(じーえぬぴー、Gloss National Product)とは

GNPとはGross National Productの略で、ある一定期間にある国民によって新しく生産された財(商品)やサービスの付加価値の総計を指します。かつては国の経済規模を比較するためによく利用されましたが、日本では1993年から代表的指標としてGDP(国内総生産)が使われるようになり、以前ほど注目されなくなりました。GNPは対外投資などを通じて海外での生産活動に貢献した報酬を含む点でGDPと異なりますが、日本の場合は両者にほとんど差がありません。なお、内閣府が発表する国民経済計算では、2000年からGNPに代わり、海外からの所得を加えたGNI(国民総所得)が用いられています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

正式名称は国民総生産(Gross National Product)。国全体の経済の大きさを測る指標の一つ。 

一定期間内(通常は一年間)に生産した物を市場価格で評価した値から、中間生産物を差し引いて求まる値。中間生産物は、一定期間内に使われて、他の物に転化するものを指す。 

国民総生産は、原則として、国内または海外を問わず、日本国民により生産された生産額の総計である。 

国民総生産と並んで、国全体の経済の大きさを測る指標として国内総生産(GDP)がある。国内総生産は、海外に進出した企業への送金や配当金などの受払い額を差し引き、一国の国内の経済活動を純粋に数値化したものである。

(出典 野村證券ホームページ)

 

一定期間に国民によって新しく生産された商品やサービスなど、付加価値の総額です。原則として、生産地が国内であるか海外であるかを問わずに、日本国民により生産された総生産額を示します。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

GNP(Gloss National Product)とは正式には国民総生産のことで、国民が一定期間に生産した財やサービスの付加価値の総計を指し、原則として国の内外を問わず、その国民により生産された総計となります。日本では1993年にGDP(国内総生産)が代表的な指標として使われるようになり、GNPはさほど注目されなくなりました。2000年には国民経済計算の体系変更に伴いGNPのかわりにGNI(国民総所得)が使われるようになりました。

(出典 東海東京証券ホームページ)