銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

CFPS(しーえふぴーえす、Cash Flow Per Share)とは

Cash Flow Per Shareの略称で和訳は1株当たりキャッシュフロー。一株当りいくらキャッシュフローを生み出したのかを表す。キャッシュフローに裏打ちされた利益を上げることができているのかどうかをみるための指標。値は大きいほど好ましい。 
当期利益に減価償却費を加えた簡易キャッシュフローを発行済み株式数で割ってもとめる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

CFPSとは、Cash Flow Per Shareの略称で、日本語では1株当たりキャッシュフローという意味です。1株当たりいくらキャッシュフローを生み出したかを表すもので、企業の収益性を見るための指標のひとつです。値が大きいほど好ましい状態と言えます。当期利益に減価償却費を加えた簡易キャッシュフローを発行済株式数で割ることで求められます。似た指標に企業の1株当たりの利益額で収益性を見るEPS(1株当たり利益)という指標があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

英語表記「Cash Flow Per Share」の略で「1株当たりキャッシュフロー」のこと。1株当たりいくらのキャッシュフローを生み出したかをあらわした指標。企業の収益性を判断するための指標のひとつで、数値が大きいほど良いとされています。純利益に減価償却費を加えた簡易キャッシュフローを発行済み株式数で割って算出します。

CFPS=(純利益+減価償却費)÷発行済み株式数

(出典 三井住友DSアセットマネジメントホームページ)

 

一株当りのキャッシュフローの額を示す値のことです。大きいほど好ましいとされています。CFPS(Cash Flow Per Share)とも呼ばれます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)