銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

CLO(しーえるおー、Collateralized Loan Obligation)とは

Collateralized Loan Obligationの略称で和訳はローン担保証券。資産担保証券の一種である。金融機関が事業会社などに対して貸し出している貸付債権(ローン)を証券化したもので、ローンの元利金を担保にして発行される債券のことをいう。 
金融機関にとっては、元来流動性の劣る貸出資産を、ローンより市場性の高い債券の形態にすることができるので、より機動的に資金を調達することができるというメリットがある。 
実際には、金融機関がローンを特別目的会社に譲渡し、特別目的会社が債券を組成し、投資家がこれを購入する。そして、ローンからの元利金を投資家が受け取るという仕組みが一般的である。 
CLOは、シニア債・メザニン債・劣後債といった支払優先順位の異なる数種類の債券が組成される。ローンからの元利金は支払優先順位の高い順に支払われる。よって発行体が同一であっても、階層の異なる債券ごとに、それぞれ異なった格付けが付与されている。CLOは、リスク・リターンの選好が異なる様々な層の投資家に対して、投資機会を提供することができ、個別企業の発行する債券にはない投資機会を提供することができるとされている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

CLOとは、Collateralized Loan Obligationの略で、ローン担保証券のことです。これは資産担保保証券の一種で、金融機関が事業会社向けに貸出をしている、貸付債権を証券化した物です。ローンの元利金を担保にして、債券が発行されます。主なメリットとしては、より機動的に資金を調達できるという事です。これは、元々流動性の少ない貸出資産を、ローンから市場性の高い債券に変える事が出来るからです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

英語表記「Collateralized Loan Obligation」の略で「ローン担保証券」のこと。
資産担保証券(ABS)の一種で、複数の企業向け貸付債権(ローン債権)を裏付け資産として発行する証券です。
証券化商品のうち最も安全な部分をシニア債(優先債)といい、最もリスクの高い部分をジュニア債(劣後債)、中間にあるものをメザニン債といいます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

ローン担保証券のことです。金融機関が事業会社などに対して貸し出している貸付債権を証券化したものです。
ローンの元金利を担保に発行される債券で、資産担保証券(ABS)の一種です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

CLOとは、金融機関が企業に対して貸し出している貸出債権を証券化した債権のこと。金融機関が貸出債権をSPCに譲渡し、SPCが社債を発行するスキームとなっている。シニア債、メザニン債、劣後債等、支払優先順位の異なる数種類の債券が組成され、元利金は支払優先順位の高い順に支払われる。

(出典 みずほ総合研究所ホームページ)

 

CLO(Collateralized Loan Obligation)は日本語でローン担保証券と訳されます。特定の資産を裏付けとする証券を資産担保証券(ABS 、asset backed security)といいますが、このうち裏付けとなる資産がローン(貸出債権)のものを指す言葉です。一般的には、リスクとリターンの程度に応じてシニア債(ローリスクローリターン)とメザニン債(ミドルリスクミドルリターン)、劣後債(ハイリスクハイリターン)の三段階に区分されています。

CLOは、もともとはアメリカで始まった仕組みです。ローンに直接投資できる機関投資家は限られていたため、証券化を行い、少額からでも出資が行えるようにしたものです。しかし、2008年に起こったリーマンショックの際は裏付けとなるローンのデフォルトが多発したため、CLOについても元本割れが続出し、商品についての信頼も急降下しました。

(出典 岡三オンライン証券ホームページ)

 

Collateralized Loan Obligationの略。企業向け貸付債権等を裏付けとする証券化商品。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

金融機関の有する企業向け貸出債権を証券化したものをCLOという。金融機関にとっては、貸出債権のオフバランスの手段となりうる。同様に、企業の発行した債券を証券化したものをCBO (Collateralized Bond Obligation)といい、CBOとCLOを総称してCDO(Collateralized Debt Obligation)という。

(出典 日本政策投資銀行ホームページ)