銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

COO(しーおーおー、Chief Operating Officer)とは

Chief Operating Officerの略称で、最高執行責任者のこと。CEOのもとで決定した会社の経営方針に沿って、業務を執行していく役割を担う。経営と業務執行の責任が分離されている米国の企業で定着している役職で、日本の企業でも採用されている。日本では法律上、定義されていない。

(出典 野村證券ホームページ)

 

COOとはChief Operating Officerの略で、CEO(最高経営責任者)が示した経営方針に従って、実行部隊を統括する執行役として職務を行う最高執行責任者を指します。もともとアメリカ型のコーポレートガバナンス(企業統治)の考え方として、経営と執行の責任を明確化するために用いられる役職名です。ほかに、CFO(Chief Financial Officer=最高財務責任者)などもあります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

COOとは、Chief Operating Officerの略。日本では「最高執行責任者」と訳される。

「CEO(Chief Executive Officer、最高経営責任者)」が企業の経営全般に対して責任を持つのに対し、COOは日々の業務執行の責任を請け負う。

米国型コーポレートガバナンスでは、企業の所有と経営(執行)を切り分け、所有者(株主)を代理する取締役会が、業務執行を行う執行役員を任命・監督するという形態となっている。COOのような“CXO”という役職名は、所有・執行の役割境界をそれほど明確にしていない会長(Chairman)や社長(President)とは異なる概念のものである。しかし、実際には会長がCEOを、社長がCOOを兼ねることが多く、特に近年になってから、執行役員制度を導入する企業が増えてきた日本においては、このような兼任をする傾向が見られる。

また日本においてはCOOを置かず、CEOがその役割を兼ねる場合が多かったが、日産自動車やソニーのように、グローバルな大企業を中心にCOOを設置する会社が最近、目立っている。その背景には、経営が複雑化・加速化するなかで、執行役一人一人の負担が増加してきており、役割を分担することで負担を軽減する意図があると考えられる。また、例外的ではあるが、ソニーのように事業分野ごとに異なるCOOを置く企業もある。

なお、COOのように“CXO”と称される執行役として他に、「CEO」「CFO(Chief Financial Officer、最高財務責任者)」「CLO(Chief Learning Officer、最高人材・組織開発責任者)」などがある。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

英語表記「chief operating(またはoperations) officer」の略で「最高執行責任者」のこと。
最高経営責任者(CEO)の決定した経営方針に従い業務を執行する責任を負う代表者です。日本ではCEOである会長の下で働く社長を指す場合が多いですが、法的な裏付けはなく、あくまで対外的や社内的の呼称に過ぎません。

(出典 大和証券ホームページ)

 

最高執行責任者と訳される、米国で定着している呼び名です。日本では委員会設置会社において、業務を執行する執行役の責任者のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

COOとは、Chief Operating Officerの略称で、最高執行責任者のことです。CEO(最高経営責任者)のもとで決定した経営方針に従って、日々の事業運営、営業活動に関する業務執行などを統括し責任を負う役割を担います。もとはアメリカで、企業統治(コーポレートガバナンス)の考えから、経営と業務執行が分離され、責任の所在を明確にするために用いられる役職として生まれ、日本の企業でも採用されていますが、日本の法律上は定義されていません。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

「最高執行責任者」のこと。会社で事業運営に関する業務執行を統括する役員。CEOの下で営業活動などを統括する。会長がCEOの場合は社長がCOO、社長がCEOの場合は副社長がCOOといった立場になることが多い。

(出典 マイナビニュース)

 

☑COOとは? 定義・役割について
COO(Chief Operations Officer)とは、最高執行責任者のことを指し、CEOの決めた方針に従って日々の業務を実行する責任を負う役職のことをいいます(CEOとCOOの違いはあとで詳しくご説明します)。CEOの下で働くいわゆるナンバーツーの役職です。ただし、会社の方針決定も業務執行も同じ人が行っているケースでは、その人がCEOとCOOを兼任しているということになります。

☑ 実際のCOOの例
COOはCEOに次ぐ役職なので、たとえば会長がCEOなら社長がCOO、社長がCEOなら副社長がCOOになることが多いです。ただ、COOはCEOが決めた業務内容を執行する役職という意味にすぎないので、たとえ取締役でも一般の従業員でも業務内容を執行する役割を担っている人はCOOといわれます。

(中略)

■COOとCEOの違い

CEOは、企業の経営方針の決定を行う役職であり、COOはCEOが決めた経営方針に沿って実際に業務を執行する役職です。

また、COOは実際の業務の責任を背負っているので、CEOの経営方針を誰よりも理解することが企業運営には不可欠です。

ただし、CEOとCOOは、基本的にお互いの役割に干渉しません。CEOは企業の目指すべき道を決める、そしてCOOはその方針により沿って具体的な業務を遂行する。CEOとCOOが、互いの役割を明確にし、信頼することで、はじめて企業が成長していきます。

(出典 エンワールド・ジャパンホームページ)