銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

CB(しーびー)とは

CBとは転換社債型新株予約権付社債のことで、Convertible Bondの略称です。CBは社債の一種ですが、満期になる前に株式に転換することができるという特徴を持っています。一方通常の社債は、株式に転換することはできません。このため、株価の上昇によっては株式に転換することで利益を得ることができるほか、逆に株価が下降した場合には株式に転換せずに、満期日に利息を受け取るという通常の社債としての運用も可能です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

英語表記「Convertible Bonds」の略で、事前に決められた条件でいつでも株式に転換できる権利の付いた「転換社債型新株予約権付社債」のこと。
株価が転換価格(行使価格)を上回ってくれば、株式に転換して売却すれば値上がり益が得られ、上回らなくても債券として定期的に利息が得られるうえ、満期まで持てば額面で償還されるため、株式ほどの値下がりリスクはありません。転換価額下方修正条項、コールオプション条項、期中償還権などさまざまな条項が付いたものがあり、取引所に上場されています。以前は単に「転換社債」と呼ばれていましたが、2002年の改正商法施行で「ワラント債」と債券種別が同一となり、法律上の名称はともに新株予約権付社債に統一され、転換権も新株予約権に改められました。このため、従来の転換社債は転換社債型新株予約権付社債、従来のワラント債は新株予約権付社債と呼ばれ、区別されています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

Convertible Bondの頭文字をとって呼ばれるCBは、かつて転換社債と呼ばれていたが「転換社債型新株予約権付社債」が商法上正しい名称である。

株式に転換する権利(転換権)を持つ社債のことであり、あらかじめ決められた価格で一定期間内に株式に転換する権利を持った債券ということになる。例えば、転換価格が1,000円と定められたCBを発行した株式会社のその社債権者は株価が上昇して転換価格を上回る1,200円になったとすると、1,000円で転換できる権利があるため、その時点で債券を株式に転換し市場にて1,200円で売却すれば、その差額200円が収益となり、株式を割安に購入したことと同じ結果が得られることになる。逆に、転換価格(1,000円)を下回っていれば転換せずに債券として保有することにより、クーポン収入と額面金額は保証されることになる。このように、債券としての安全性(利息と償還金の確実性)と、株式としての収益性の両面を選択しながら投資できるという特徴がある。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

新株予約権付社債(転換社債型)とは、一定の条件で発行体の企業の株式に転換できる権利が付いた社債のことです。一般的には転換社債またはCBと呼ばれます。CBとは「Convertible Bond」の略です。
一定の利息を受け取ることができ、償還日まで保有することで額面金額が払い戻されますので、社債としての側面を持つ一方、株式に転換して株価の値上がり益を得るという株式としての側面も持っています。ただし、株式に転換できるメリットが付いているため、普通社債に比べて利回りは低くなっています。

ワンポイント
購入した後は、3つの利用方法があります。
1つ目は、償還日まで保有する方法。受け取れる金額がわかっているため、使う時期や目的が決まっている場合は、予定が立てやすいことがメリットです。
2つ目は、株式に転換する方法。あらかじめ決まっている転換価格以上に株価が値上がりしたときに売買することで、社債以上に利益が得られる可能性もあります。ただし、株価はいつ上がるかわからないため、すぐに使う予定があったり、目減りしては困る資金には、あまり向いていないといえるでしょう。
3つ目が、社債そのものの値段が購入したときよりも値上がったときに売買する方法。利益も得られ、すぐに使うことができます。証券会社で社債の値段を定期的にチェックしましょう。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)