銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

CBO(しーびーおー)とは

Collateralized Bond Obligationの略称で和訳は社債担保証券。CBOは、複数の社債を裏付け資産として発行される資産担保証券の一種である。 

担保資産となる社債については、新規発行のものを利用するケースと既発行のものを利用するケースがある。 
いずれにしても集められた債券プールが生み出すキャッシュフローの充当順位を工夫し、高格付け部分と低格付け部分を作り分けることにより、投資家のニーズに合った商品の提供が可能となる。 
高格付けの債券をシニア債、中間のものをメザニン債、低格付けのものをジュニア債と呼ぶ。利金や償還金は、シニア債→メザニン債→ジュニア債の順番で支払われる。よって発行体が同一でありながら、優先順位の異なった債券には、それぞれ異なった格付けが付けられている。 
日本のCBO市場は、新規発行社債を利用したCBOが中心であって、低格付け企業の社債単独発行が困難な場合でも、CBOに参加することで資本市場からの資金調達が可能となり、信用力の低い中小・中堅企業にも社債発行の道を開いたとして、注目されている。 
またA格など高格付け企業の場合でも、単独で発行するより条件が良くなる可能性がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

英語表記「Collateralized Bond Obligation」の略で「社債担保証券」のこと。資産担保証券(ABS)の一種で、複数の企業が発行する社債を裏付け資産として発行する証券です。証券化商品のうち最も安全な部分をシニア債(優先債)といい、最もリスクの高い部分をジュニア債(劣後債)、中間にあるものをメザニン債といいます。

(出典 三井住友DSアセットマネジメントホームページ)

 

CBO(Collateralized Bond Obligation)は、複数の社債を集めて、ひとまとめにし、裏付け資産として発行されるもので、資産担保証券(ABS)のひとつです。リスクや条件の異なる社債を買い集めポートフォリオを作成し、その元利金を担保にして発行されます。債券プールの生み出すキャッシュフローの充当順位から、信用力の高い社債グループから低い社債グループまでを作り分けられます。最も信用力の高い社債グループをシニア債、信用力が中くらいの社債グループをメザニン債、信用力の低い社債グループをジュニア債(劣後債)と言います。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

Collateralized Bond Obligationの略であるCBOは、日本語で社債担保証券と呼ばれています。さまざまな会社の社債を裏付けとして発行する、資産担保証券(ABS)の一種です。つまり、投資家に証券を買ってもらう形で出資を受けて、その資金で数十社から数百社の社債券を購入し、そこから得られるキャッシュフローを用いて元利金の支払いを行う仕組みの金融商品を指します。

さらにCBOは、リスクレベル・利回りの条件で区分される場合もあります。リスクレベルで分類した場合、最も低い部分(トランシェ)がシニア債、中ごろの部分をメザニン債、最も高い部分がジュニア債(劣後債)と区分されます。リスクレベルが低ければ低いほど、信用力は高くなるのが特徴です。例えばシニア債は、いわゆるローリスク・ローリターンの商品と考えると分かりやすいでしょう。

(出典 岡三オンライン証券ホームページ)

 

複数の社債を裏付け資産として発行されるABS(資産担保証券)の一種です。
新規発行、既発行ともに債券プールが生み出すキャッシュフローを高格付部分と低格付部分を作り分けることにより、投資家のニーズに合った商品の提供が可能となります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

複数企業の社債を責任財産としてSPC(特別目的会社)などにプールし、新たに元利払いの優先度(発行体破綻時の償還の優先順位)の異なる債券を発行する資産担保証券のこと。企業にとっては、単独での社債発行が困難な場合でも、資本市場からの資金調達が可能となる、発行条件がよくなるなどのメリットがある。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

金融機関の有する企業向け貸出債権を証券化したものをCLOという。金融機関にとっては、貸出債権のオフバランスの手段となりうる。同様に、企業の発行した債券を証券化したもの をCBO(Collateralized Bond Obligation)といい、CBOとCLOを総称してCDO(Collateralized Debt Obligation)という。

(出典 日本政策投資銀行ホームページ)