銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

シェールガス革命(しぇーるがすかくめい)とは

天然ガスの一種であるシェールガスが米国で本格的に生産開始されたことにより、世界のエネルギー供給体制が大きく変化するという考え。シェールガスは油田やガス田から生産される従来の天然ガスとは異なり、地中深くにある頁岩(けつがん・シェール)という固い岩盤層の中に滞留している。 

米国では、掘削技術や採算性の向上により石油などに代わる新たなエネルギー資源として生産が拡大しており、米貿易収支の改善、米企業のコストの低下など米国経済の長期的なプラス要因として考えられている。 

シェールガスとシェールオイルの推定可採埋蔵量は、ロシア、アメリカ、中国などが多い。

(出典 野村證券ホームページ)

 

シェールガス(Shale Gas)とは地下約2,000メートルのシェール層に閉じ込められた天然ガスのことです。2000年代後半にアメリカでこれを掘削する技術革新が起こったことで増産が可能となり、世界のエネルギー情勢が一変するほどの影響が出ており、このことをシェールガス革命といいます。
シェールガスは約4割がアメリカ国土に眠っていて、掘削が本格化すれば可採年数(採れる年数)が石油や従来型の天然ガスの50~60年を抜き、100年以上になるともいわれています。そこで、アメリカはこれまで中東の石油に頼っていたエネルギー政策を転換し、自前のシェールガスを輸出産業に育てようと力を入れています。また、シェールガスの増産により、天然ガスの価格が下落し、衰退していた化学産業が息を吹き返したほか、掘削のための機械製造、世界中に運ぶためのパイプライン敷設、貯蔵プラント建設、運搬船建造など、幅広い分野で需要拡大が見込まれています。
日本でも有望エネルギーとして注目され、商社が中心となって北米のガス権益を獲得したり、カナダやアメリカから輸出承認を受けるなど、輸入に向けての動きが加速。2017年1月、中部電力上越火力発電所向けの約7万トンが到着し、日本初上陸を果たしました。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

2000年代後半にアメリカで採掘の技術革新に成功した地下約2000メートルのシェール層に閉じ込められた天然ガスの一種であるシェールガスが世界のエネルギー市場に大きな影響をもたらしたことをシェールガス革命と呼ばれています。シェールガスはアメリカの国土に多く眠っており、アメリカ、カナダが主に海外に輸出を行っています。石油や従来のガス資源と比べて、可採年数が大幅に長く、100年以上になるとも言われており、世界的なエネルギー資源の需要の転換といった革命的な動きを見せています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

シェールオイル・シェールガスのシェール(Shale)とは、頁岩(けつがん)という、泥が固まった岩石のうち、薄片状に剥がれ易い性質を持つ岩石のことです。

太古の海や大河の河口では、水中のプランクトンや藻類などの有機物が、死後に沈降、堆積し、バクテリアによる分解作用を受け変質して腐食物質(ケロジェン)に変化します。ケロジェンを含んだ堆積物がさらに地下深くに埋没すると、地熱や圧力により化学変化して石油分やガス分ができます。

頁岩からなるシェール層の石油分やガス分は、外部に移動する一方で、シェール層の岩石の隙間に残っていることがあります。地下の比較的浅い部分のシェール層の中には石油混じりの資源が、さらに深くなれば熱分解が進んでガスがあると考えられています。これらが、シェールオイルやシェールガスであり、これらの生成反応は数千万年から数億年という長い時間をかけて行われてきました。

米国において、従来は経済的に掘削が困難と考えられていた地下2,000メートルより深くに位置するシェール層の開発が2006年以降進められ、シェールガスの生産が本格化していくことに伴い、米国の天然ガス輸入量は減少し、国内価格も低下していきました。これが、いわゆる「シェール革命」であり、エネルギー分野における21世紀最大の変革であるとともに、世界のエネルギー事情や関連する政治状況にまで大きなインパクトを及ぼしています。

(出典 経済産業省資源エネルギー庁ホームページ)

 

シェール・ガスとは、非在来型の天然ガスの一種で、固い頁岩(シェール)層から採取される天然ガスである。シェール・ガス田では、シェール層と抗井の接触面を増やす水平掘削と、岩盤に水圧で亀裂を入れて天然ガスの流路を確保する水圧破砕により採取するが、2000年代以降、この2つの技術の実用化によりシェール・ガスの採掘コストの低下と大規模な生産が可能となった。

(出典 日本政策投資銀行 シェール・ガス革命の見方(産業界への影響と日本への示唆))

 

シェール革命とは、米国が地中のシェール(頁岩、けつがん)と呼ばれる地層から天然ガスや原油を低コストで採掘する技術を確立したことによって、世界のエネルギー市場にもたらされる様々な革命的変化のこと。天然ガスの低価格化のみならず、世界のシェールガス原始埋蔵量の4割をもつ米国が、天然ガスの輸入大国から輸出大国に変貌を遂げることは、中東やアジアなどかつての輸出勢力に与える影響は絶大であり、シェールガス革命によって世界のGDPは2035年までに年間2.3-3.7%押し上げられると予想される。シェールガス掘削など関連銘柄には要注目である。

(出典 バリューサーチ投資顧問ホームページ)

 

天然ガス需要の逼迫の中で、大きな関心を集めているのが「非在来型ガス」です。その代表が 、シェールガスや 炭層メタンガス(CBM)。地球上に大量かつ広く分布しているものの、従来の採掘法では、採算性が低く開発が困難とされてきました。しかし、開発技術の確立により商業化、LNG化が可能になりました。
 シェールガス(頁岩層に含まれる天然ガス)は、「水平掘削」「水圧破砕」などにより、地下3,000m以上の深い地層からも生産が可能になりました。米国では開発が急速に進んでおり、すでに米国の天然ガス生産の34%(2011年)をシェールガスが占めています。シェールガスは、同様に生産が本格化しているカナダに加え、南米、欧州、アジア、ロシアにも膨大な量が埋蔵されているとみられ、まさに「シェールガス革命」として世界的に期待が集まっています。

(出典 国際協力銀行 JBIC Today 2013 Oct)

 

これまで,化石燃料はすぐになくなるだろう,と考えられがちであった。しかし,在来型ガスが 60 年であるのに対して,シェールガスを含む非在来型のガスが取れる期間は少なくとも 100 年と考えられ,合計で 160 年は確実にガスがとれる。これまで最も寿命が長いと言われてきた化石燃料は石炭 (130 年) であったが,160 年というのはそれをはるかに超える。それゆえに,シェールガスは「革命」であると言われる。

(中略)

最後になるが,シェールガス革命とは何かということである。米国では,石油輸入量が急減し,天然ガス自給率が急上昇しているが,これがシェールオイルあるいはシェールガスがもたらした一番の効果であり,石油社会からガス社会への舵切りがされている。この傾向は,まず自動車,船舶用のエンジン等において見られる。米国の石油からガスへのシフトは,エネルギーコストを下げ,ガス関連技術獲得,製造業の復活,それから貿易収支と経常収支の改善,財政収支の均等が視野に入ってきている。
外交にまで目を向けると,シェールオイルの生産急増に伴う中東への石油依存の低下によって,米国にとって中東での軍事プレゼンス,あるいはシーレーンの防衛の重要度について取り沙汰する人も出てきている。米国も,世界の警察としてそんなにすべての国を守らなければいけないのかということで,安全保障費の引き下げを考えている向きが強いと思われる。
そうすると,シーレーンをだれが守るのかということになるが,米国が守るのか,もしかしたらインドから中東のあたりは,中東からの油の輸入を増やしている中国がもう少し頑張るのではないかといったことで,中国に守ってもらうのかと考える人も出てきている。このように米国では近年,シェールガスが大量に採掘されたことで,国内の天然ガス価格が大幅に下落し,電力や化学産業の燃料や原料のコスト削減や雇用創出,資源輸入の減少など革命的な影響をもたらしつつある。

(出典 伊原 賢 物理探査 第 66 巻第 4 号 (2013)シェールガス革命とは何か:石油開発技術者の視点)

 

このシェールガスがなぜ「革命」なのかというと、炭化水素(ガス)というものにあまり関心がない人、あるいは再生可能エネルギーを支持するような人は、「化石燃料だったらすぐなくなるでしょう」とよく言う。このシェールはそうではない。少なくとも 60 年から、取り出しにくいといわれているシェールガスを含む非在来型のガスのとれる年数を試算すると、プラス 100 年は確実にとれる。160 年とれるということは、化石燃料の寿命でいうと、今まで一番寿命があるといわれている石炭をはるかに超す。そういうところでの意味合いが非常に大きい。

(出典 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 シェール革命で日本のエネルギー事情はどう変わるのか)

 

シェールガスとは、アメリカの中規模の独立ベンチャー系石油開発企業ミッチェル社のジョージ・ミッチェルが20年ほど前から未知・未開の新しい石油ガスエネルギーの探求を目ざす苦労を10年余も重ね、地中の頁岩(けつがん)層から産出される天然ガスを発見し、1998年に水圧破砕や水平採掘という採掘やガス抽出の技法や機械を発案し、ようやく商業化への道を開き、成功を見たものである。
 存在箇所や採掘方法など生産様式は異なるが、ガスとしての品質は従来のガスとほぼ同じ「天然ガス」であるが、生産効率が高まった現在では従来のLNGより割安なものとなっており、市場では従来の天然ガスと一緒に取り扱われており、特別に「シェールガス」という商品はない。
 アメリカでは100年余も前から、地中の奥深い部分の頁岩層に石油ガスがあるということには気づいていたが、硬い貝殻の堆積で生じた頁岩層の小さな隙間に散在しているため、採掘技術やコスト面から経済効率が悪く、従来の石油の方が容易に獲得しやすく商業ベースに合致するエネルギーとされ見過ごされてきたが、近年の未開の資源活用熱の高まりや、開発技術や機器の進歩もあり、また輸入原油価格の不安定さなどから、上記したような商業化の目処が立つようになり、国策的にも国際的にも、改め注目を集め、シェールガス革命とさえいわれるようになった。
 頁岩層から産出される天然ガスだけが脚光を浴びているが、ここからはガスだけでなくオイルなども採取・生産されているので、「シェール・ガス」革命というよりシェール全体の開発が重視される「シェール革命」と捉えた方がよかろう。

(出典 東京商工リサーチ シェールガス革命と日本の新エネルギー政策の課題)