銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

市況関連株(しきょうかんれんかぶ)とは

商品市場においての取引状況が株価の変動に大きな影響を与える銘柄。素材産業などが該当する。具体的には、素材、非鉄金属、鉄鋼、海運、石油、石炭、商社セクターなどが該当する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

市況関連株とは、商品市場において取引状況や価格変動などが株価に大きく影響を与える銘柄のことをいいます。例えば、非鉄、鉄鋼、石油、石炭、繊維などの素材産業などの企業の株が市況関連株に該当します。具体的には、原材料価格が高騰すると素材産業の業績は低迷、中でも石油や鉄鋼などの価格変動は大きな影響を与えます。市況関連株は有名企業が多いため優良株のイメージを持ちがちですが、株価の動きは循環的に上下を繰り返す特徴があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

商品市場での取引状況が株価に大きな影響を与える銘柄のことです。具体的には、鉄鋼、非鉄、石油、繊維、紙、パルプ、化学などの素材産業が該当します。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)