銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

市況産業(しきょうさんぎょう)とは

数多くある産業の中で、鉄鋼、非鉄、石油、繊維、紙、パルプ、化学などの素材を生産する産業は市況産業と呼ばれている。 
これらの産業に属する企業は、受注によって製品を生産するのではなく、主として見込みによって生産を行う。製品価格は需給関係によって変動する傾向が強い。従って企業業績は、商品市況の動向に大きく影響される。 
株価も、一般には、商品市況に連動して上下する傾向が見られる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

素材そのものを生成する産業のことを市況産業と言います。鉄鋼、石油、繊維などが典型です。市況産業では、受注を受けてから生産をするという過程を経ずに、見込みによって物を生産していくことになります。そのため、生産された商品は社会における需要と供給によって大きく変動することが非常に多いです。株式市場で売買される銘柄は、この市況産業の生産活動によって大きく変化することになるため、株価の変動の目安とされる傾向が多いです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

数多くある産業の中で、鉄鋼、非鉄、石油、繊維、紙、パルプ、化学などの素材関連を生産する産業のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)