銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

仕組債(しくみさい)とは

広義には、資産担保証券、リパッケージ債、デリバティブ内蔵債券など広範囲の債券形態を指す。狭義には、スワップ・オプションを組み込むことによって投資家のニーズに合わせたキャッシュフローの実現を目指したいわゆるデリバティブ内蔵債券のことを指す。 

デリバティブを債券のキャッシュフローに組み込むことによって、満期期間やクーポン、償還金等を比較的自由にできるなど、投資家の個別のニーズによるオーダーメイド発行が可能となる。 
投資家固有のポートフォリオのバランスや、将来のクーポン収入に合わせて、あるいは、ポートフォリオのヘッジやALMの観点から、仕組債を用いる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

デリバティブ(金融派生商品)などを利用することにより、特別な仕組みを持つ債券を指します。主に海外で発行され、外国債券として販売されています。仕組債の区分として、内包するデリバティブに従って、大きくは、「エクイティ系仕組債(エクイティデリバティブ)」、「金利為替系仕組債(金利為替デリバティブ)」、「その他仕組債(クレジットデリバティブ、コモディティデリバティブ等)」に区分されます。

ワンポイント
一般的な債券に共通するリスク(信用リスク、価格変動リスク、為替変動リスク、流動性リスク)の他、参照指標(株価、為替など)の変動によっては受け取るクーポンや償還金が減少し、投資元本を下回るリスクがあります。複雑な仕組みを持つものが多いので、目論見書などで内容をよく理解したうえで申し込みましょう。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

スワップやオプションなどのデリバティブ(金融派生商品)を利用して、一般の債券とは異なる特殊な構造を持つ債券のこと。
満期やクーポン、償還金などを投資家や発行者のニーズに合わせて自由に設定することができ、主に海外で発行され、日本国内で「外国債券」として販売されています。 比較的リスクが大きい商品が多いので、目論見書などで内容を十分に理解する必要があります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

仕組債とは、狭義に投資家個々が自分に最適なキャッシュフロースタイルを選択できるデリバティブ内蔵債券を指しています。原資産や原証券の値の変化と共に値が推移・変動する証券であるデリバティブを債券のキャッシュフローに導入しているため、投資家が様々にオプションを自由選択でき、オーダーメード発行を可能としています。投資家が多様な債券を抱え、運用する上でのバランスをとりやすく、将来的なクーポン収入や優待等の保有メリットから仕組債を用いることで、債券ごとの楽しみが生まれます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

「仕組債」とは、文字通り、一般的な債券にはみられないような特別な「仕組み」をもつ債券です。
 この場合の「仕組み」とは、スワップ(※1)やオプション(※2)などのデリバティブ(金融派生商品)を利用することにより、投資家や発行者のニーズに合うキャッシュフローを生み出す構造を指します。こうした「仕組み」により、満期やクーポン(利子)、償還金などを、投資家や発行者のニーズに合わせて比較的自由に設定することができます。
※1
スワップとは、金利(固定金利と変動金利)や通貨(円と外貨)を交換する取引をいいます。例えば、スワップを利用することにより、金利が低下したときに受取利子が増加する(逆に金利が上昇すると受取利息が減少する)ような仕組債を作ることができます。 
※2
オプションとは、あらかじめ約束した価格で、一か月後、一年後など将来に売ったり買ったりできる権利をいいます。例えば、株価があらかじめ定められた価格を下回ったときに、この権利が行使されて、償還金が減額するような仕組債もあります。 

 

仕組債には、仕組債の発行者のほか、アレンジャーやスワップハウスなどの主体が関係しています。主に海外で発行され、日本国内で、販売会社により「外国債券」として販売(売出しなど)されています。
① 仕組債の発行者
 仕組債の発行者は、主に海外の金融機関です。アレンジャー(②)によってアレンジ(調整)された仕組債を発行し、資金調達を行います。
 仕組債の発行者は、リスクヘッジの目的で、スワップハウス(④)との間でデリバティブ取引を行っています(=「カバー取引」といいます。)

② アレンジャー
 仕組債を組成するための調整を行うのが、アレンジャーです。投資家ニーズを把握してどのような仕組債にするかを発行者(①)等との間でアレンジ(調整)します。

③ 販売会社
 仕組債の販売を行う証券会社です。アレンジャー(②)が販売する場合もあります。

④ スワップハウス
 デリバティブ取引を活発に行う金融機関等です。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

広義には、資産担保証券、リパッケージ債、デリバティブ内蔵債券など広範囲の債券のことです。狭義には、スワップ・オプションを組み込むことによって投資家のニーズに合わせたキャッシュフローの実現を目指したいわゆるデリバティブ内蔵債券のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

オプションやスワップなどのデリバティブが組み込まれた複合的な債券のこと。代表的な仕組債としては、デュアル債(元本の償還と利払いが別の通貨で行なわれる)や日経平均株価連動債(日経平均株価の水準によって償還額が異なる)、他社株転換債(EB 参照)などがあります。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

仕組債とは、元本や利金が、参照対象とする株価、為替、その他各種指数など価格変動のあるものに連動する債券です。
利金の支払い方法、ならびに償還方法などの条件を色々な形で設定することにより、好利回りの債券を作り出せる一方、流動性(換金性)の低さなど仕組債特有のリスクも伴います。

仕組債の参照対象は、株式・株価指数、為替、金利、コモディティなど多様です。また、参照対象の値動きに応じて元本の償還方法が変わったり(他社株式転換債など)、利金の水準が変動したり(デジタルクーポン債など)、各商品ごとに様々な条件が設定されています。

以下では、仕組債の一例として、EB(他社株式転換債)についてご説明しています。

EB(他社株式転換債)
EB(Exchangeable Bond)
EB(Exchangeable=転換可能な、 Bond=債券)とは、その名の通り、基本的には債券としての性格を持っていますが、満期償還前の評価日の状況によって株式に転換される可能性がある債券です(他社株転換条項)。

転換される可能性がある株式はあらかじめ決められており、「対象株式」と言います。「対象株式」は金融商品取引所に上場している株式の中から選ばれます。

EBの発行者は海外の政府系または民間の金融機関であり、海外で発行される円建ての債券です。EBの最大のメリットは、低金利の円貨建てにもかかわらず、高いクーポンを得られることです。

また、岡三証券取扱いのEBは、「早期償還条項」が付いており、状況によって、満期を迎える前に償還される可能性があります。「他社株転換条項」と「早期償還条項」の2つの条項により、償還のパターンは以下の3つとなります。

EBのリスクは株式償還となった場合、元本割れの可能性があることです。

(出典 岡三証券ホームページ)

 

広義には、資産担保証券、リパッケージ債、デリバティブを内包した債券など広範囲の債券形態を指します。狭義には、スワップ・オプションを組み込むことによって投資家のニーズに合わせたキャッシュフローの実現を目指したいわゆるデリバティブ内包債券のことを指します。

(出典 野村アセットマネジメントホームページ)