銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

シクリカル(Cyclical)とは

英語表記はCyclical。循環的な景気変動のこと。代表的なものに、景気の回復、拡大、後退、悪化が繰り返し表れるビジネスサイクルがある。株式市場において、景気の変動によって上昇したり下落したりする銘柄をシクリカル銘柄(景気敏感株)という。

(出典 野村證券ホームページ)

 

シクリカル(Cyclical)とは、循環的な景気変動のことを指します。ビジネスサイクルは日々変化するものであり、良くなったり、悪くなったりします。また、ビジネスサイクルの中には景気の回復や、拡大なども含まれており、景気の変動によって価格が上昇したり、下降したりする銘柄のことをシクリカル銘柄(景気敏感株)と呼びます。また、景気の変動によって業績が上昇したり下降したりする企業や業界をシクリカル業界・企業と呼びます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

循環的な景気変動のこと。
英語表記「Cyclical」の日本語読みです。景気の「回復、拡大、後退、悪化」が繰り返し現れることをビジネスサイクルといいますが、ビジネスサイクルのように循環的に景気が変動することをシクリカルと呼びます。こうした景気の変動によって業績が良くなったり、悪くなったりする企業や業界のことを「シクリカル企業」「シクリカル業界」と呼びます。素材関係の企業や業界を指すことが多く、鉄鋼、非鉄、鉱業、ガラス土石、石油、石炭、ゴム、化学、繊維、紙パルプなどの企業や業界が該当します。

(出典 大和証券ホームページ)

 

景気の回復、拡大、後退、悪化が繰り返し現れるビジネスサイクルのような、循環的な景気変動のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)