銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

自己株式の処分(じこかぶしきのしょぶん)とは

会社法上の規定に基づき、(株式)会社が保有する自己株式を売却、代用交付、あるいは消却すること。 

第三者割当や既存の株主への売却等の新株発行手続を準用して行う処分、合併・分割・株式交換等の組織再編時の代用交付、新株予約権の行使に伴う自己株式の代用交付のほか、株式そのものを消却するといった方法がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

自己株式の処分とは、会社法で定められた手続きに則って、発行済の自己株式を処分することです。株式会社が発行した株式を減少させたり、取得した自己株式を第三者に譲渡することは、株主に大きな影響を与えるため、自己株式の処分する方法や手段は会社法で制限されています。自己株式の処分には、第三者割当による譲渡、既存の株主に対する売却、合併や会社分割などの企業再編において代用株式として交付するなどの方法があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

自己株式の処分とは、言い換えれば売却です。企業自身が保有していた自己株式を、他に売却することです。自己株式の消却とは、文字通り保有している自己株式を消し去ってしまうことです。

(出典 楽天証券ホームページ)